標準化

標準化は、オープン戦略のなかで見ると自社でクローズし独占してきた知的財産(知財)を開放することで広く多くに使ってもらうといった方法です。この標準化によりこれまで多くの事業で成功事例を生み出され、多様な市場の創出が行われました。オープン戦略や顧客共創の推進ドライバとなりうる「標準化」に注目し、標準化の内容や動向、適用事例まで詳しくご紹介します。

おすすめ記事

「NBIL-5」が行う知財アナリストとビジネス・オーナーのマッチング~知財アナリストによる知財の活用で新規事業を創出する(前編)
「NBIL-5」が行う知財アナリストとビジネス・オーナーのマッチング~知財アナリストによる知財の活用で新規事業を創出する(前編)
オープン戦略としての国際標準化。ユーザーに使ってもらう標準化で新たなマーケットを創る〜知的財産の標準化という新たな当たり前を作る(前編)
オープン戦略としての国際標準化。ユーザーに使ってもらう標準化で新たなマーケットを創る〜知的財産の標準化という新たな当たり前を作る(前編)
標準化とは? メリット・デメリットから国内外の動向、制定プロセスまでわかりやすく解説
標準化とは? メリット・デメリットから国内外の動向、制定プロセスまでわかりやすく解説
オープンクローズ戦略とは? 基礎知識から成功事例、策定方法まで紹介
オープンクローズ戦略とは? 基礎知識から成功事例、策定方法まで紹介
デジュール標準とは?デファクトスタンダードとの違いや規格について解説
デジュール標準とは?デファクトスタンダードとの違いや規格について解説
フォーラム標準とは?最先端の規格を決める仕組みを解説
フォーラム標準とは?最先端の規格を決める仕組みを解説
デファクトスタンダードとは?競争原理が生む事実上の標準について解説!
デファクトスタンダードとは?競争原理が生む事実上の標準について解説!
JSA(日本規格協会)とは?JIS規格・ISO規格・JSA規格との関係を詳しく紹介
JSA(日本規格協会)とは?JIS規格・ISO規格・JSA規格との関係を詳しく紹介
IECとは? IEC規格とは?ISO規格・JIS規格との関係から国際標準化の近況まで解説
IECとは? IEC規格とは?ISO規格・JIS規格との関係から国際標準化の近況まで解説
BSIとは|BSIが認証するBS規格の価値とISOの関係性
BSIとは|BSIが認証するBS規格の価値とISOの関係性
  • 標準化とは? メリット・デメリットから国内外の動向、制定プロセスまでわかりやすく解説
    標準化とは? メリット・デメリットから国内外の動向、制定プロセスまでわかりやすく解説
    製造業に携わる人であれば、多くの方が「標準化」の言葉を耳にしたことがあるでしょう。標準化はどのようなもので、どういったメリット・デメリットがあるのか、近年の標準化に関する国内外の動きや、制定プロセスなど、標準化についての基本的な情報をご紹介します。
  • オープンクローズ戦略とは? 基礎知識から成功事例、策定方法まで紹介
    オープンクローズ戦略とは? 基礎知識から成功事例、策定方法まで紹介
    企業が持つ技術や製品に関する情報について、公開するか非公開とするかにより事業戦略の進め方が変わってきます。このとき、すべてをどちらかにするのではなく、公開する領域、非公開とする領域を選択し使い分ける「オープンクローズ戦略」によって成功を収めている企業も少なくありません。今回は、企業の成功事例を取り上げながら、オープンクローズ戦略の概要やメリット、策定方法、進める上での注意点などをご紹介します。
  • デジュール標準とは?デファクトスタンダードとの違いや規格について解説
    デジュール標準とは?デファクトスタンダードとの違いや規格について解説
    規格の標準化には、公的な機関が定めるものと複数の企業者が協議の上定めるもの、競争によって事実上定まっていくものの3種類があり、それぞれデジュール標準、フォーラム標準、デファクト標準と呼ばれます。デジュール標準(デジュールスタンダード)とは、公的な標準化団体が規格を制定するため権威性の高く、国際的な市場で用いられるものが多く存在することが特徴です。今回はデジュール標準の概要、他の標準との違い、規格、メリットとデメリットなどについて解説します。
  • フォーラム標準とは?最先端の規格を決める仕組みを解説
    フォーラム標準とは?最先端の規格を決める仕組みを解説
    従来、規格の制定は市場が成熟してから制定される「事後標準」が当たり前でしたが、技術的な進歩の早いIT関係を含む現代の市場にはまったく向かない制定方法となっていました。そこで特定の技術で事業展開しようとする複数社が集まり、事業化の前に標準化を検討する業界団体を作り、標準化を検討するフォーラム標準(フォーラムスタンダード)が始まりました。今回はフォーラム標準の概要から他の標準との違い、そのメリットとデメリットなどについて解説していきます。
  • デファクトスタンダードとは?競争原理が生む事実上の標準について解説!
    デファクトスタンダードとは?競争原理が生む事実上の標準について解説!
    市場の黎明期には乱立していた規格や商品が絞られて、いつの間にかその市場の標準になっていた、というのはよくあることです。特に規格の多い工業やIT などの業界でよく目にすることですが、これはデファクトスタンダード(デファクト標準)と呼ばれています。自社が属する業界や市場でデファクトスタンダードを獲得することは、その後の事業の優位性に大きく影響します。今回は、デファクトスタンダードの概要や他の標準との違い、そのメリットや具体的な事例を紹介していきます。
  • JSA(日本規格協会)とは?JIS規格・ISO規格・JSA規格との関係を詳しく紹介
    JSA(日本規格協会)とは?JIS規格・ISO規格・JSA規格との関係を詳しく紹介
    JSA(日本規格協会)はJIS(日本産業規格)の制定に深い関わりを持つ機関です。JISが制定されるまでのフローの中で、JSAはどういった部分を担当しているのでしょうか。今回は、JSAの役割や組織構成、JISやISOなど規格に関する活動内容など、JSAの基本的な情報を紹介します。
  • IECとは? IEC規格とは?ISO規格・JIS規格との関係から国際標準化の近況まで解説
    IECとは? IEC規格とは?ISO規格・JIS規格との関係から国際標準化の近況まで解説
    IECとは電気製品の国際標準を定める団体です。国際標準化が進み、国際規格に適合する製品開発の重要性が高まり、この国際規格の一つに、「IEC」があります。今回は、IECとIEC規格の概要や、IEC規格とISO規格・JIS規格との関係、国際標準化が進む現状など、IECに関する基本情報をまとめてご紹介します。
  • BSIとは|BSIが認証するBS規格の価値とISOの関係性
    BSIとは|BSIが認証するBS規格の価値とISOの関係性
    BSIとはイギリスの英国規格協会という機関です。BSIはBS規格という規格を定めるために設けられた機関であり、製品・システムなどの基準を制定することで流通や製造の円滑化、品質の統一を目指しています。また、BS規格は日本でもよく知られているISO規格の原案として使用されることが多く、ISOとBSIの関係性はBSI発足当初から深いものです。今回は、BSIとはどんな機関なのか、提供しているサービスはどんなものがあるのかについて解説します。BSIという機関や、ISOの原案とされることの多いBS規格について知りたい方はぜひ参考にしてください。
  • ISO規格とは|ISOの基礎的な知識とメリット・デメリットを徹底解説
    ISO規格とは|ISOの基礎的な知識とメリット・デメリットを徹底解説
    国際標準化機構という機関が定める規格に「ISO規格」があります。国際間取引が多分野で増えてきている近年では、ISO規格の重要性は年々高くなっている状況です。また、企業によってはISO規格を取得していないと国内間であっても取引を行うことが難しいなど、国際的な基準に合わせた方針で取引を進めているところも増えてきています。今回は、ISO規格とはそもそもどんな規格でどんなメリット・デメリットがあるのか、そして取得するにはどうすればいいのかを解説します。今後、他国との取引や、他国と取引している企業との取引を検討されている方はぜひ参考にしてください。
  • JIS規格とは|JIS規格の重要性を詳しく解説
    JIS規格とは|JIS規格の重要性を詳しく解説
    あらゆる商品・サービスが新たに開発されていく現代において、もし商品同士の互換性などに対する規格がなかったらどうなるでしょうか?電池のサイズが会社ごとで微妙に違う、充電器の差込口は専用のしか使えない、北海道の信号は赤で止まれだけど東京は青が止まれになっている。こんな状況が普通に起こっているかもしれません。こういった問題が発生しないように制定されたものが「JIS規格」です。今回は、JIS規格の詳細と重要性について解説します。JIS規格がなぜ必要なのか、どんなものにJIS規格は適応されているのかを知りたい方はぜひ参考にしてください。
  • IPランドスケープが支援する「水素内燃機関の事業化」。NBIL-5活動事例~知財アナリストによる知財の活用で新規事業を創出する(後編)
    IPランドスケープが支援する「水素内燃機関の事業化」。NBIL-5活動事例~知財アナリストによる知財の活用で新規事業を創出する(後編)
    IPランドスケープとは、英語でいうと「Intellectual Property Landscape」で「自社、競合他社、市場の研究開発、経営戦略等の動向及び個別特許等の技術情報を含み、自社の市場ポジションについて現状の俯瞰・将来の展望等を示すもの」であり、知財に関する環境と見通しを意味します。今回は、ビジネス・オーナーと知財アナリストをマッチングする場を提供し、IPランドスケープを使ってビジネス開発をしようとする「NBIL-5」という任意団体に焦点をあてた連載の後編として、NBIL-5の活動事例を紹介します。水素内燃機関の事業化に取り組んでいるi Labo株式会社 代表取締役社長 中山泉氏に、水素内燃機関の技術と意義、NBIL-5によるIPランドスケープなどの具体的な知財サポート事例についてお話を伺いました。
  • 「NBIL-5」が行う知財アナリストとビジネス・オーナーのマッチング~知財アナリストによる知財の活用で新規事業を創出する(前編)
    「NBIL-5」が行う知財アナリストとビジネス・オーナーのマッチング~知財アナリストによる知財の活用で新規事業を創出する(前編)
    新規事業創出に知的財産(以下、知財)の活用を考えられている方々は、「NBIL-5」をご存知でしょうか?「NBIL-5」とは、ビジネス・オーナーと知財アナリストをマッチングする場を提供し、IPランドスケープを使ってビジネス開発を支援する任意団体です。成長する多くの企業に蓄積されている独自開発技術やノウハウ。これら知財として守ることで新たな事業展開や業務提携などにつなげていくことが重要です。一方で、その事業に詳しい知財のプロフェッショナルを見つけるのは簡単ではありません。今回は、「NBIL-5」に焦点をあてて、2回にわたってその活動概要と新規事業創出の事例をご紹介致します。前編は、NBIL-5のファウンダーの一人、正林国際特許商標事務所の齋藤拓也氏にNBIL-5の活動の紹介や、特許を取得するメリットなどについてお話を伺いました。
  • 地域のタクシー会社が取り組む知的財産の標準化事例。地域の業界環境や社会課題に目を向ける〜知的財産の標準化という新たな当たり前を作る(後編)
    地域のタクシー会社が取り組む知的財産の標準化事例。地域の業界環境や社会課題に目を向ける〜知的財産の標準化という新たな当たり前を作る(後編)
    標準化は知財を抱える大企業のみが行うものではなく、地域の業界環境や社会課題に目を向け、自社事業の生き残りと課題解決の手段として中小企業も取り組み始めています。今回は、知的財産の標準化に焦点をあてた連載の後編として、標準化を見据えて新たなビジネスモデルに取り組んでいる郡山観光交通株式会社の代表取締役 山口松之進氏に、社会課題の解決に期待される「定額タクシー」「産直レストラン」のような標準化の具体例をご紹介して頂きました。
  • オープン戦略としての国際標準化。ユーザーに使ってもらう標準化で新たなマーケットを創る〜知的財産の標準化という新たな当たり前を作る(前編)
    オープン戦略としての国際標準化。ユーザーに使ってもらう標準化で新たなマーケットを創る〜知的財産の標準化という新たな当たり前を作る(前編)
    オープン戦略としての国際標準化は、これまで自社でクローズし独占してきた知的財産(知財)を開放することで広く多くに使ってもらうといった方法であり、これまで多くの事業で成功事例を生み出し、多様な市場の拡大に即してきました。このような企業の新たな事業展開や業務提携等において考慮すべき「標準化」について皆さんはどれくらいご存じでしょうか。今回は、知的財産の標準化に焦点をあて、2回にわたって概念説明と事例紹介を致します。前編は、日本知財標準化事務所の知財標準化事業部長、マーケット・クリエイション・プロデューサーである藤代尚武氏に、これまでの日本での標準化が抱えていた課題や、国際標準化の進め方について解説頂きました。