展示会レポート

様々なニーズとシーズが出会う展示会。注目の出展企業サービスの紹介だけでなく、業界のKoLに対するインタビュー、展示会現場で感じた技術動向を紹介することで、未来の「ものづくり」の姿を探っていきます。

  • 【CES2020】ラスベガス現地レポート
    【CES2020】ラスベガス現地レポート
    2020年1月6~9日に、ラスベガスでデジタルテクノロジーをメインとした展示会「コンシューマーエレクトロニクスショー(CES)2020」が開催されました。本展示会ではモビリティの新時代「CASE」に向けた技術も多く展示されていました。今回は、自動運転の最新技術動向に注目し、自動運転の新しい概念として登場した「レベル2プラス」と、実用的なスマートモビリティ「無人小型宅配ロボット」をご紹介します。
  • 『2019国際ロボット展』見どころ現地レビュー
    『2019国際ロボット展』見どころ現地レビュー
    2019年12月18~21日に、東京ビッグサイトにて「2019国際ロボット展」が開催されました。本展示会は、ロボット利用技術の向上と市場の開拓、ロボットの市場創出のために開かれたロボット技術総合展です。今回は、人と機械が協働する社会の姿に注目し、産業用や生活に身近なロボットとして「バリ取りロボット」・「アバターロボット」・「射出成形機に搭載する振動制御ロボット」の展示内容をご紹介します。
  • 『オートモーティブワールド2020』見どころレポート
    『オートモーティブワールド2020』見どころレポート
    2020年1月15~17日に、東京ビックサイトで「第12回 オートモーティブワールド2020」が開催されました。同展示会では、CASE時代に向け自動車業界のみならず、その周辺の関連技術も多く出展されていました。今回は「SiCパワーデバイス半導体を利用したワイヤレス給電インホイールモータ」、「空中浮遊ディスプレイ」、「温度制御用ペルチェ素子」という3つの展示に注目し、CASE時代に向けた取組みをお伺いしました。
  • 『SEMICON JAPAN 2019』注目企業レポート
    『SEMICON JAPAN 2019』注目企業レポート
    2019年12月11~13日に、東京ビッグサイトにて「SEMICON JAPAN 2019」が開催されました。本展示会は、半導体製造の全工程、自動車産業やエレクトロニクス産業など製造サプライチェーンのために開催されています。今回は、異物混入対策にもなるクリーンな近赤外線加熱ユニット、生産性向上に寄与する真空ベローズ・ゲートバルブを提供する2社に注目し、半導体の研究開発や製造に欠かせない製品開発について詳しくお話をお伺いしました。
  • 『第6回鉄道技術展2019』現地レポート – 注目技術3選
    『第6回鉄道技術展2019』現地レポート – 注目技術3選
    2019年11月27~29日に、幕張メッセにて「第6回鉄道技術展2019」が開催されました。鉄道インフラに関する本展示会では、日本の技術だけでなく海外の技術も積極的に出展されているのが特徴です。今回は数ある展示の中からものづくりに関係する特徴的な出展に注目し、車両内での居心地のよさを実現する技術、レール軌間の調整技術、緩みにくいボルト・ナット締結技術の3つをご紹介します。
  • 『第21回 西日本国際福祉機器展』レポート(後編)
    『第21回 西日本国際福祉機器展』レポート(後編)
    2019年11月14~16日に開催された「第21回 西日本国際福祉機器展」。後編では、洗髪や入浴とならび、介護現場で重要度の高いとされる排泄処理に関する株式会社リバティソリューションの展示に着目し、センサーによって自動で排泄処理を行うことができる装置の開発秘話や、介護者だけでなく要介護者の抱える課題にまで深くお伺いしました。
  • 『ファインテックジャパン2019』『第20回Photonix』レポート
    『ファインテックジャパン2019』『第20回Photonix』レポート
    2019年12月4〜6日に、幕張メッセで電子ディスプレイ、有機エレクトロニクス、IoT機器の開発・製造に関連する技術の展示会「ファインテック ジャパン 2019」と、「レーザー加工」「光学部品・材料」「光計測・分析」の3つの専門展から構成される「第20回 Photonix」が開催されました。今回は、新たなディスプレイの価値を開拓する技術や、光産業におけるグローバルニッチ企業の開発動向に注目しました。
  • 『第21回 西日本国際福祉機器展』レポート(前編)
    『第21回 西日本国際福祉機器展』レポート(前編)
    2019年11月14~16日に、福岡県の西日本総合展示場新館にて「第21回 西日本国際福祉機器展」が行われました。本展示会では、介護の課題を解決支援する技術や福祉システムなどが展示されていました。今回は、入浴補助に役立つ、寝た状態でも洗髪できるルームシャンプー、短時間で汚れを落とし身体を温める超微粒子ミストシャワーという新製品に注目し、その開発秘話や利用形態をご紹介します。
  • 『あいちITSワールド2019』現地レポート
    『あいちITSワールド2019』現地レポート
    2019年11月21~24日にポートメッセなごやで行われた「第21回 名古屋モーターショー」。東京でも話題となったモーターショーですが、ITSに関する出展が名古屋開催のモーターショー特有の展示となっていました。今回は名古屋モーターショーと併設で開催された「あいちITSワールド」に注目し、高度道路交通システム関連の技術を紹介します。
  • 『第10回 高機能素材Week』見どころレポート
    『第10回 高機能素材Week』見どころレポート
    2019年12月4~6日に幕張メッセで開催された「第10回 高機能素材Week」。本展示会は、フィルム・プラスチック・複合材・金属・セラミックスなど、製品の高付加価値化に欠かせない素材技術を持つ企業が出展する展示会です。今回は、切削性・耐食性に優れた黄銅、透明性と高屈折率を両立する難燃性ポリマー、異素材接合となる陽極酸化皮膜の表面処理といった新素材やものづくり要素技術についてレポートします。
  • 『光とレーザーの科学技術フェア2019』レポート(後編)
    『光とレーザーの科学技術フェア2019』レポート(後編)
    2019年11月12~14日に東京科学技術館にて「光とレーザーの科学技術フェア2019」が開催されました。光やレーザーは、レーザー加工などの工業用途だけではなく、コンクリートなどのインフラ建造物の検査、先端医療など幅広い分野で利用されています。今回は、重粒子線治療装置での活用が期待されるレーザープラズマ加速技術の研究開発内容について詳しく話を伺いました。
  • 『光とレーザーの科学技術フェア2019』レポート(前編)
    『光とレーザーの科学技術フェア2019』レポート(前編)
    2019年11月12~14日に東京科学技術館にて「光とレーザーの科学技術フェア2019」が開催されました。本展示会は、赤外線フェアや分光フェアなど各種フェアが集まって毎年秋に開催される研究開発者・技術者の技術交流や商談会を兼ねた光学系の展示会です。今回は、中赤外分光カメラとインターフェログラム(干渉)現象を利用したコンクリート構造物の劣化評価や、レーザーを用いた水中における物体検知技術についてご紹介します。
  • 『第14回メッセナゴヤ2019』現地レビュー
    『第14回メッセナゴヤ2019』現地レビュー
    2019年11月69日に、ポートメッセなごやで開催された「第14回メッセナゴヤ2019」。展示会としては珍しい「異業種交流」をメインテーマとし、元は愛知万博からスタートした事業であり、今回は1,400社以上もの出展社が集まりました。本記事では、「円筒研削」、「スリムヘッド・スクリュー」、「小規模水力発電ユニット」といった加工技術を用いた特徴ある展示品を中心にご紹介します。
  • 『第3回 医療と介護の総合展』レポート(後編)
    『第3回 医療と介護の総合展』レポート(後編)
    2019年10月23~25日に開催された『第3回 医療と介護の総合展』。前編では、医療・介護関連における新製品の事例紹介として、尿失禁改善に役立つセンサーデバイスやCMOSセンサーを先端に取り付けた内視鏡などアイデアを生かした医療製品を紹介しました。後編では、携帯型痰吸引器、災害時連絡専用端末、ヒートショックによる事故防止装置といった、災害時に活躍する身近な技術をレポートします。
  • 『粉体工業展・大阪2019』現地取材レポート
    『粉体工業展・大阪2019』現地取材レポート
    2019年10月16~18日に『粉体工業展・大阪2019』が開催されました。東京と大阪で交互に隔年で開催され、13回目の今回は大阪での開催。材料を粉体にすることで乾燥、混合、成形、運搬などの工程の改善や効率化がはかられるため、粉体技術はものづくりに欠かせないものとなっています。今回は、粉体の品質管理に欠かせないコンタミネーション除去、大阪での開催ということで粉ものに関する技術、粉体の扱いで重要な粉じん爆発の予防と防護などをご紹介します。
  • 『富山県ものづくり総合見本市(T-Messe)2019』現地レポート
    『富山県ものづくり総合見本市(T-Messe)2019』現地レポート
    2019年10月31~11月2日に、富山産業展示館にて「富山県ものづくり総合見本市(T-Messe)2019」が開催されました。富山で盛んなアルミ関連企業、鋳造・金属加工メーカーをはじめ、医薬品や食品加工などジャンルを問わずさまざまな企業が出展していました。今回は、その中の出展企業4社に着目し、アルミニウムの「押出型材」、変速機に使われる「油圧部品」、BtoB向けの「ウォータージェットカッタ」、「放射線遮蔽樹脂」をご紹介します。
  • 『東京モーターショー2019』見どころレポート
    『東京モーターショー2019』見どころレポート
    いま、電気自動車業界で”eAxle”(イーアクスル・電動車軸)が注目されています。eAxleは、エンジン車で言うエンジン・トランスミッション・アクスルであり、近年サプライヤーによる開発競争が激化しています。今回は、2019年10月に行われた「東京モーターショー2019」におけるEV(電気自動車)/PHEV(プラグインハイブリッドカー)向けeAxle開発トレンドに注目し、各サプライヤーがどのようなeAxleの展示をしていたのか、その際の差別化要素は何かについてご紹介します。
  • 『第3回 医療と介護の総合展』レポート(前編)
    『第3回 医療と介護の総合展』レポート(前編)
    2019年10月23~25日に「第3回 医療と介護の総合展」が幕張メッセで開催されました。医療機器やヘルスケア機器などを集めた医療と介護の専門展示会で、医療IT、病院設備などの展示会(第11回 ヘルスケア・医療機器開発展)も併催されています。前編では、尿失禁改善のためのトレーニング用のセンサーデバイス、CMOSセンサーを先端に取り付けた内視鏡などアイデアを盛り込んだ医療機器の開発、取組みを行う企業に着目します。
  • 『関西ものづくりワールド2019:機械要素技術展』レポート(後編)
    『関西ものづくりワールド2019:機械要素技術展』レポート(後編)
    2019年10月にインテックス大阪で行われた「関西ものづくりワールド2019」。前編では、機械要素技術展の注目技術をご紹介しましたが、今回も引き続き、最終製品の付加価値を高める「深絞り加工」、ものづくり現場で活躍する「シャフトモーター」、「放電可視カメラ」、「静電チャック」といった特徴ある技術・製品を展示していた企業に、展示内容に加え、出展理由や東京会場との違い、印象まで詳しくお伺いしました。
  • 「未来の車の形」を考える!作家・野地秩嘉による「東京モーターショー2019」取材~部品の仕事(番外編)〜
    「未来の車の形」を考える!作家・野地秩嘉による「東京モーターショー2019」取材~部品の仕事(番外編)〜
    2019年10月24日~11月4日に一般社団法人 日本自動車工業会(JAMA)主催による「第46回東京モーターショー2019」が開催されました。今年は豊田章男JAMA会長の並々ならぬ想いを反映させたショーとも言える内容で、これまでの東京モーターショーにはないアウトオブキッザニアをはじめとした体験型の催し物が数多く見られました。本記事では、『部品の仕事』番外編として、作家・野地秩嘉氏に東京モーターショー2019を取材するなかで「未来の車の形」をご考察いただきました。