アルミニウムの基礎知識

軽くて強く、リサイクル性にも優れた金属、アルミニウム。飲み物の缶や自動車、新幹線、ロケットなど幅広い分野で使われているほか、昨今、地球環境や社会の持続可能性に関する意識への高まりもあり、アルミニウムの需要は高まっています。 そんなアルミニウムについて、みなさんはどれだけの情報を知っているでしょうか? 本連載では、研究開発など“試作”においても使われることの多いアルミニウムについて、基礎から応用まで幅広く解説していきます。

おすすめ記事

アルミニウム9つの特長と展伸用アルミニウム合金〜アルミニウムの基礎知識(1)
アルミニウム9つの特長と展伸用アルミニウム合金〜アルミニウムの基礎知識(1)
鋳造用アルミニウム合金とメーカー開発合金~アルミニウムの基礎知識(2)
鋳造用アルミニウム合金とメーカー開発合金~アルミニウムの基礎知識(2)
アルミニウムの特徴を活かした押出加工〜アルミニウムの基礎知識(3)
アルミニウムの特徴を活かした押出加工〜アルミニウムの基礎知識(3)
  • アルミニウムの特徴を活かした押出加工〜アルミニウムの基礎知識(3)
    アルミニウムの特徴を活かした押出加工〜アルミニウムの基礎知識(3)
    アルミニウム材料は様々な形状に加工できる特徴を活かし、薄いアルミホイルから、アルミサッシのようなものから大きな部材まで存在し、建築材料、自動車、産業機械、飛行機などで用いられています。アルミニウムの加工方法には、圧延、鋳造、ダイカスト、鍛造、押出などいくつもの種類がありますが、希望の断面形状に加工できるのが押出加工です。今回は、アルミニウム製品の製造メーカーである、日軽金アクト株式会社の谷津倉政仁氏に、押出加工の基礎知識や輸送機器などの利用事例についてお伺いしました。
  • 鋳造用アルミニウム合金とメーカー開発合金~アルミニウムの基礎知識(2)
    鋳造用アルミニウム合金とメーカー開発合金~アルミニウムの基礎知識(2)
    鋳造性に優れ、自動車や二輪などの輸送機器などに使用される 「鋳造用アルミニウム合金」は、砂型・金型鋳造用合金とダイカスト用合金の2つの系統があるといいます。適用する鋳造法によって要求特性が異なるため、JIS規格では鋳造法別に分類して規定されているのです。今回も引き続き日軽エムシーアルミ株式会社 開発部長の堀川宏氏に、鋳造用アルミニウム合金の2つの系統や、顧客の求める特性やスペックを実現するメーカー開発合金について詳しくお話をお伺いします。
  • アルミニウム9つの特長と展伸用アルミニウム合金〜アルミニウムの基礎知識(1)
    アルミニウム9つの特長と展伸用アルミニウム合金〜アルミニウムの基礎知識(1)
    軽くて強く、リサイクル性も汎用性も高い金属、アルミニウム。飲み物の缶や自動車、新幹線、ロケットなど幅広い分野で使われています。本連載では、6回にわたってアルミニウムの基礎知識についてアルミニウム合金の開発を主力事業に据える日本軽金属グループに解説していただきます。今回はアルミニウムが持つ9つの特長と展伸用アルミニウム合金について、日軽エムシーアルミ株式会社の開発部長・堀川宏氏にお話を伺いました。