かしこく失敗するために

製品開発に失敗はつきものです。ムダな失敗を減らし、有意義な失敗をするために押さえておくべきポイントをまとめました。