MI-6株式会社

MI-6株式会社、マテリアルズ・インフォマティクス(MI)による材料開発を支援

MI-6株式会社は、「材料開発に革新と効率をもたらす」ことをミッションに、マテリアルズ・インフォマティクス(MI)の活用推進により新たな材料の探索と開発、実用化までを支援します。アカデミックな部分での知見(東大津田研究室、塩見研究室など)も多く持つとともに企業との実績例も多数あります。

 

MI-6株式会社概要

 

MI-6株式会社の強みは?

 

マテリアルズ・インフォマティクス(MI)技術を中心とした様々な材料開発ソリューション<

ハンズオンによる解析/コンサルティング/研修やソフトウェア開発、ロボット開発を行っており、顧客のテーマや目的にあわせた最適なソリューションを提供しています。

 

国内随一のMIノウハウ

数多くのマテリアルズ・インフォマティクス(MI)プロジェクトの受託解析およびコンサルティング実績があります。有機、無機にかかわらず様々なテーマでノウハウを蓄積しています。

 

独自解析技術

分子の自動設計アルゴリズムや組成最適化手法等、MIの解析技術を独自開発しています。

 

高い専門性

情報科学および材料科学の専門家により、プロジェクトテーマに沿った適切な手法についてコンサルティングおよびレビューを行います。

 

MI-6メンバー
MI-6メンバー (提供:MI-6株式会社)

 
 

 
 
←「マテリアルズ・インフォマティクス(MI)など材料開発が注目を集める理由〜独自技術で存在を示すベンチャー企業たち(1)」に戻る