みんなの試作広場ニュース vol.63

2022/4/27配信

みんなの試作広場ニュース vol.63

・デジュール標準とは?デファクトスタンダードとの違いや規格について解説
・『nano tech 2022 国際ナノテクノロジー 総合展・技術会議』現地レポート
 

こんにちは、「みんなの試作広場(みんさく)」です。

今週のみんさく注目記事をご紹介します。

規格の標準化には、公的な機関が定めるものと複数の企業者が協議の上定めるもの、競争によって事実上定まっていくものの3種類があり、それぞれデジュール標準、フォーラム標準、デファクト標準と呼ばれます。デジュール標準(デジュールスタンダード)とは、公的な標準化団体が規格を制定するため権威性の高く、国際的な市場で用いられるものが多く存在することが特徴です。今回はデジュール標準の概要、他の標準との違い、規格、メリットとデメリットなどについて解説します。

2022年1月26~28日の3日間、東京ビッグサイトにて「nano tech 2022 国際ナノテクノロジー 総合展・技術会議」が開催されました。カーボンニュートラルや次世代の半導体など、新たな時代を牽引しうる存在として期待されるナノテクノロジーやそうした素材を扱う企業が一堂に会し、素材の管理や観察、加工の技術などさまざまな展示が行われていました。今回は、グラフェンでできた不燃性バッテリー、DELL複合加工技術、プロペラレスな自転・公転方式ミキサーに加え、既存事業で培ったゴム成形や設計技術を活かした白血球捕捉チップの展示内容を紹介します。

是非、今週の注目記事からクリックしてご覧ください!

——–今週の注目記事———

■デジュール標準とは?デファクトスタンダードとの違いや規格について解説

https://minsaku.com/articles/post880/?from=mag63

■『nano tech 2022 国際ナノテクノロジー 総合展・技術会議』現地レポート

https://minsaku.com/articles/post877/?from=mag63

———みんさく特別企画(PR)———

■歪みのないアルミ熱処理のポイントとは?金属熱処理のエキスパート光陽産業に学ぶ

https://minsaku.com/articles/post383/?from=mag63

■長崎県にある「溶接のスペシャリスト」界工業には、なぜ他社が断わる特殊案件が集まるのか

https://minsaku.com/articles/post385/?from=mag63

——————————————————————————————————-

貴社の技術を「みんさく」で紹介しませんか?

「みんさく」は製造業を中心に、大小さまざまな企業、学術機関に従事されている方からアクセスいただいております。

自社の技術力や商品、サービスのPRの場として、「みんさく」をぜひご活用ください。

▼お問い合わせはこちら

https://minsaku.com/sales/?from=mag63

——————————————————————————————————

「みんさく」は「モノ」と「技術」に関する情報提供にとどまらず、

「ひと」と「ひと」のつながりを生み出していくことで、研究開発者の「試作」をサポートしていきます。

どうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

メルマガへのご登録方法

以下のメールアドレス宛に空メールをお送りください。

minsaku-cp01@ek21.asp.cuenote.jp

【ご登録の流れ】

  1. 上記の登録用メールアドレス宛に空メールを送信
  2. 自動返信される「仮登録メール」内の本登録URLを押下
  3. 登録完了!

 

←戻る