みんなの試作広場ニュース vol.54

2021/11/24配信

みんなの試作広場ニュース vol.54

・SDGs時代におけるバイオトイレの可能性
 <前編>「バイオトイレ」が必要な理由、水を使わず排泄物を処理できるメリットとは
 <中編>バイオトイレ普及への取り組み、山岳用、災害対策用として活用
 <後編>バイオトイレの発展途上国での利活用事例
 

こんにちは、「みんなの試作広場(みんさく)」です。

今週のみんさく注目記事をご紹介します。

トイレは私たちが当たり前のように毎日使用している設備です。 このトイレの方式のなかで、 日本のおよそ9割が使用している水洗式トイレは、都市部のように下水道が整備なしでは使用できない設備であり、人口密度の低い農村部などでは、汚水処理の設備が整っておらず汲み取り式トイレが使われています。日本のおよそ1割が使うこの汲み取り式トイレは、使用経験がある人はわかると思いますが、 衛生面で安全とは言えません。今回は、水を使わずに微生物の力で排泄物を処理する「バイオトイレ」を開発・販売している正和電工株式会社 代表取締役 橘井敏弘氏に、バイオトイレが必要な理由と、26年前から開発を始めたきっかけ・商品化までの道のり、普及への取り組み、発展途上国での利活用事例について、全3回にわたってお話を伺いました。

是非、今週の注目記事からクリックしてご覧ください!

——–今週の注目記事———

■「バイオトイレ」が必要な理由、水を使わず排泄物を処理できるメリットとは〜SDGs時代におけるバイオトイレの可能性(前編)

https://minsaku.com/articles/post822/?from=mag54

■バイオトイレ普及への取り組み、山岳用、災害対策用として活用〜SDGs時代におけるバイオトイレの可能性(中編)

https://minsaku.com/articles/post823/?from=mag54

■バイオトイレの発展途上国での利活用事例〜SDGs時代におけるバイオトイレの可能性(後編)

https://minsaku.com/articles/post824/?from=mag54

———みんさく特別企画(PR)———

■ハンディタイプのファイバーレーザー溶接機で外装の品質向上。工場のショールーム化など環境整備も重視するカワセテック

https://minsaku.com/articles/post366/?from=mag54

■デジタル・トランスフォーメーション(DX)とは、そして「As a Service」としてのDX導入事例~DX有識者が語るDXによるビジネス変革とは(前編)

https://minsaku.com/articles/post369/?from=mag54

——————————————————————————————————-

貴社の技術を「みんさく」で紹介しませんか?

「みんさく」は製造業を中心に、大小さまざまな企業、学術機関に従事されている方からアクセスいただいております。

自社の技術力や商品、サービスのPRの場として、「みんさく」をぜひご活用ください。

▼お問い合わせはこちら

https://minsaku.com/sales/?from=mag54

——————————————————————————————————

「みんさく」は「モノ」と「技術」に関する情報提供にとどまらず、

「ひと」と「ひと」のつながりを生み出していくことで、研究開発者の「試作」をサポートしていきます。

どうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

メルマガへのご登録方法

以下のメールアドレス宛に空メールをお送りください。

minsaku-cp01@ek21.asp.cuenote.jp

【ご登録の流れ】

  1. 上記の登録用メールアドレス宛に空メールを送信
  2. 自動返信される「仮登録メール」内の本登録URLを押下
  3. 登録完了!

 

←戻る