みんなの試作広場ニュース vol.49

2021/9/8配信

みんなの試作広場ニュース vol.49

・金属3Dプリンターの造形物品質がばらつく理由と、AI学習による品質のリアルタイム診断~金属3Dプリントの品質向上に向けて(前編)
・ドローン飛行のニアミスを回避するため、ドローン同士で直接通信し位置情報を共有~ドローンの安全性と利便性向上のための取り組み
 

こんにちは、「みんなの試作広場(みんさく)」です。

今週のみんさく注目記事をご紹介します。

金属3Dプリンターでの造形技術は、金属加工では難しい複雑な形状の部品を強度はそのままに軽量化させたいといった用途に使われることが多いですが、機械加工と比べると品質にばらつきが生じやすいという課題があります。今回は、金属3Dプリンター造形物の品質向上に向けた研究を行っている石川県工業試験場に、金属3Dプリンターによる造形プロセスの課題や造形品質がばらつく理由を解説して頂いた後、同研究所で開発しているAI機械学習による造形品質のリアルタイム診断技術についてお話を伺いました。

近年ドローン(無人航空機)の商用化が急速に進められており、ホビードローンだけでなく、農業や林業での植物生育状況の空撮・センシングや、災害時の状況調査、宅配など物流分野などその応用は多岐に渡っています。一方、墜落事故が相次ぐなど安全性への懸念が高まることから飛行条件が厳しく規定されています。今回は、ドローンの安全性を確保するための通信技術を研究している情報通信研究機構(NICT)に、ニアミスを回避するためのドローン間の直接通信技術についてお話を伺いました。

是非、今週の注目記事からクリックしてご覧ください!

——–今週の注目記事———

■金属3Dプリンターの造形物品質がばらつく理由と、AI学習による品質のリアルタイム診断~金属3Dプリントの品質向上に向けて(前編)

https://minsaku.com/articles/post781/?from=mag49

■ドローン飛行のニアミスを回避するため、ドローン同士で直接通信し位置情報を共有~ドローンの安全性と利便性向上のための取り組み

https://minsaku.com/articles/post786/?from=mag49

———みんさく特別企画(PR)———

■シリコンフォトニクスとは~高速伝送、省電力の光集積回路が量産を変える

https://minsaku.com/articles/post357/?from=mag49

■山形で頼られる産業機械部品メーカー髙榮工業。短納期・高精度で顧客の困りごとを解決

https://minsaku.com/articles/post359/?from=mag49

——————————————————————————————————-

貴社の技術を「みんさく」で紹介しませんか?

「みんさく」は製造業を中心に、大小さまざまな企業、学術機関に従事されている方からアクセスいただいております。

自社の技術力や商品、サービスのPRの場として、「みんさく」をぜひご活用ください。

▼お問い合わせはこちら

https://minsaku.com/sales/?from=mag49

——————————————————————————————————

「みんさく」は「モノ」と「技術」に関する情報提供にとどまらず、

「ひと」と「ひと」のつながりを生み出していくことで、研究開発者の「試作」をサポートしていきます。

どうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

メルマガへのご登録方法

以下のメールアドレス宛に空メールをお送りください。

minsaku-cp01@ek21.asp.cuenote.jp

【ご登録の流れ】

  1. 上記の登録用メールアドレス宛に空メールを送信
  2. 自動返信される「仮登録メール」内の本登録URLを押下
  3. 登録完了!

 

←戻る