コイルばね設計に必要な仕様項目って?基本用語の早わかりまとめ

はじめに

「ばねなしでは組み上げられない!ばね設計の一般的な流れとよく使われる2大材料とは!?」では、ばね業界にて1995年に”選ばね君”を開発しカスタマイズばね分野を開拓してきた株式会社アキュレイトに教えて頂きました。

本記事では、ばねを設計する際に最低限必要な仕様項目の定義を紹介します。特に、小さい部品から大きな部品に至るまで様々な用途で用いられている圧縮コイルばねと、引張コイルばねについてまとめました。

圧縮コイルばねの各寸法

圧縮コイルばねとは、圧縮荷重を受けて弾性エネルギーを蓄えるコイルばねのことです。ポールペンなどの文具や日用品、家電製品から自動車のエンジンのバルブ、サスペンションなど様々な場面で用いられています。
それでは、各寸法についてみていきましょう。

<表1:圧縮コイルばねの基本用語一覧>
寸法名 記号 単位 解説
線径dmm線材の直径
コイル平均径Dmmコイル外径と内径の平均。中心径ともいう。ばね特性の計算に用いる径で、製作上の寸法指示は次の外径か内径にておこなう
コイル外径Dommコイル外側の径
コイル内径Dimmコイル内側の径
自由高さHfmm負荷をかけてない、文字通り自由な状態のばねの高さ(長さ)
有効巻数Naばね特性の計算に用いる巻きの数。ばねとして作用する有効な巻数
座巻ばねとして作用しないが、ばねの座りを良くする目的で設けられる巻き。一般的にばねの両端に1巻きずつ設けられる
総巻数Ntばねの端から端までの巻きの総数で、有効巻数+座巻=総巻数となる。圧縮コイルばねは3通りの巻きがあり、それぞれ指定する
巻方向コイルばねのコイルの巻かれた方向
ピッチpmmらせん状に巻かれている線材の巻き間隔。線材の中心から中心の距離。圧縮コイルばねの場合、ばねとして作用する有効巻きがピッチをあけて巻かれている
圧縮コイルばねの線径、自由高さ、コイル径の用語定義
<図1>圧縮コイルばね
コイル総巻数、有効巻数、座巻数の用語定義
<図2>コイル巻数
コイル総方向の用語定義
<図3>コイル巻方向

圧縮コイルの場合、端末形状についても様々な種類があります。主な端末形状について、<表2>にまとめました。

<表2:圧縮コイルの端末形状>
形状名 研削有無
クローズドエンド
圧縮コイルの端末形状イメージ
クローズドエンド
圧縮コイルの端末形状イメージ
オープンエンド
圧縮コイルの端末形状イメージ

引張コイルばねの各寸法

引張荷重を受けてはたらくコイルばねのことを指します。自転車のスタンドや自動車部品などに使われています。圧縮コイルばねに対し、引張コイルばねは、密着に巻かれていること、両端にフックがあることが、形状面での大きな違いとなります。
ここでは、形状の違いから圧縮コイルと異なる寸法部分について紹介します。

<表3:引張コイルばねの自由長さと有効巻数の定義>
寸法名 記号 単位 解説
自由長さ Hf mm 負荷をかけてない、文字通り自由な状態のばねの長さ
*従来記号の“Lf”から、圧縮コイルばね同様に“Hf”に統一
有効巻数 Na mm ばねとして作用する有効な巻数。
表す記号や意味は圧縮コイルばねと同じだが、引張コイルばねはフックで支持されて使用され、連なる胴体部の巻は全て有効な巻である。よって総巻数=有効巻数であるから、この有効巻数の指定だけでよい
引張コイルばねの自由長さの用語定義
<図4>自由長さ

また、引張コイルばねのフックの形状はさまざまな種類があり、最も一般的なフックは逆丸フックといい、規格品もすべてこの形状です。主なフックの形状について、<表4>にまとめました。

<表4:引張コイルばねの主なフックの形状>
形状名 概要
逆丸フック
引張コイルばねの主なフックの形状
生産性に優れており、最も多く採用されている
半丸フック
引張コイルばねの主なフックの形状
設計段階において、限られたコイルの長さの中で、コイル胴体部の長さを稼ぎたい場合に有効
斜め丸フック
引張コイルばねの主なフックの形状
昔ながらの手起こし成形によるフック。現代においてはあえて選択される事は少ないが、引っかかれば良いという日曜大工的な考えでよければ、誰にでも成形しやすい便利なフック
U字フック
引張コイルばねの主なフックの形状
主にNC制御により三次元的に成形されるフック。加工に時間が掛かりコスト面で劣るが、フック径、フック長さの自由度が大きく、相手部品に併せやすい

他にも丸フック、側面丸フックといった形状もあり、用途によってどの形状を用いるかを使い分ける必要があります。

まとめ

ここでは、コイルばねの仕様決めに必要な各寸法について紹介しました。
ばねは、同じ機能性部品であるねじや歯車と異なり、規格品が少なく設計者が設計することが多い部品の一つです。ばねを設計するための計算作業については、必要な数値を入力することで自動計算してくれるようなソフトウェアやWEBサービスも登場しており、設計者の作業負荷は軽くなってきています。

株式会社アキュレイトでも、最低限必要な仕様寸法を入力するだけで簡単に規格品を検索できるサービスや、特注部品を発注できるサービスをWEBで展開しています。また、ばねの現物はあるけど寸法がわからない場合、近い形状の規格品を選定できる原寸大カタログのご用意があるそうです。ばね選びにお困りの際は、ぜひ一度活用してみてはいかがでしょうか。

また他の記事では、アキュレイトの方に、展開されているサービス内容や、実際によくあるお客様からのご相談についてもお話を聞いています。そちらもご参考ください。

株式会社アキュレイト
ばね選定WEBプログラムの“選ばね君”を使えば、規格品の選定から、特注品のばね計算、特注品ばねの自動見積までがワンストップで実現。また、ばね知識を持った専門スタッフがばねの技術相談、選定、設計、図面検討までをお手伝いします。

試作用部品、試作加工に関するご相談はこちら

日本スウェージロックFST株式会社
1947年創業。世界各国に拠点を持つグローバル企業スウェージロック社の日本法人。バルブ、継手等の流体システム製品を取り扱う。2007年より配管ユニットのエンジニアリングから組立て、検査、納品をサポートする「カスタム・ソリューションズ 」サービスを提供します。
白銅株式会社
非鉄金属および鋼、プラスチック材料の専門商社白銅は、「ダントツの品質」、「ダントツのスピード」、「ダントツのサービス」、「納得の価格」でお客様のモノづくりを強力にサポートします。
株式会社NCネットワーク
国内最大級のモノづくり受発注サイト「エミダス」に登録された18,000社以上の工場データベースから、技術スタッフが依頼内容に最適な工場を選定。NCネットワークには、加工方法が分からない試作・開発品から、特殊車両のように少ない生産台数ながら厳密な品質保証が求められる量産品まで幅広い経験があります。