<図4>被験者の視線の位置と瞳孔径からの注目度合いを可視化_拡大