EV、PHV…最新モデルが集結!ブガティ「シロン」LEGO版も!?パリ・モーターショー報告 (1/3)

1898年の初開催から今年で120周年を迎えるパリ・モーターショー、通称「パリ・サロン」。世界で最も古い自動車ショーである同時に、今年はモビリティやテクノロジーといった未来を見据えたショーへと進化しました。

その内幕を紹介するにあたって欠かせないのが、フランスでは頻繁に語られる「移動の自由」という概念です。誰でも、いつでも、どこにでも行ける自由であり、自動車の発明によって、格段に移動が自由になったといえます。

そもそも18世紀に自動車を発明したのはフランス人。世界初の自動車は、内燃機関ではなく、蒸気による外燃機関であり、陸軍の大尉のニコラ=ジョセフ・キュニョーが大砲を運ぶために発案したものです。世界初の自動車レースを開催したのも、世界初のナンバープレートを導入したのも、フランスです。

そんな風に、自動車の初期の歴史を繙くと、時を同じくして、19世紀後半に世界初のモーターショーがパリで開催されたのも頷けます。

会場となったポルト・ド・ヴェルサイユは、パリの南、15区に位置します。エントランスをくぐって正面の1号館には、自国フランスの自動車メーカーや大手部品メーカーが並びます。今年の主役はなんといっても、電動モビリティです。
元々、フランスは、原子力発電の割合が85%と高く、国を挙げて電動モビリティの普及を推進しています。加えて、2040年までにガソリン車もディーゼル車も販売を禁止すると宣言しており、パリ市内ではその適応が前倒しになる見込みです。

古き良きエレガンスと先進技術を融合するPSAグループ

<写真1>プジョー「e-Legend」
<写真1>プジョー「e-Legend」

49インチスクリーンに加えて、ドアに29インチ、サンシェードに12インチのスクリーンが搭載されており、ロータリーセレクターと6インチタッチスクリーンを使って車両の操作系統を操作できます。


プジョー、シトロエン、DSという3つのブランドを擁するPSAグループのブースには、未来を感じさせるコンセプトカーがズラリと並んでいます。プジョーからは、“未来のドライビングプレジャー”を提供する「e-Legendコンセプト」が登場。自動運転、電動化、コネクテッドといった次世代技術をすべて盛り込まれています。

一方で、エクステリア・デザインは、古き良きプジョーを感じさせるもの。過去の名車である「504クーペ」を彷彿とさせるモダーン・クラシックなデザインを纏い、インテリアでもウッドやベルベットといったクラシックな素材をふんだんに奢っています。同時に、49インチ・デジタルスクリーンやオーディオシステムによって囲まれたコックピットからは、自動運転モードでは、大型スクリーンでデジタルコンテンツを楽しめるなど、未来感を感じます。

2015年にシトロエンのサブブランドから、独立した「DS」も、注目の電動モビリティを発表しました。日本上陸を果たしたフラグシップSUV「DS7クロスバック」のPHV版と、今回初登場の「DS3クロスバック」のEV版「E-TENSE」です。切れ長のフロントランプやポップアップ式ドアハンドルで近未来感を演出すると共に、インテリアの質感の高さにも心を砕いた、まるで高級ブランドのバックのようなステッチを施されたドアトリムなど、DSブランドらしい都会的なラグジュアリーを演出しています。

<写真2>DSオートモービルのシニア・ヴァイス・プレジデントを務めるエリック・アポド氏。
<写真2>DSオートモービルのシニア・ヴァイス・プレジデントを務めるエリック・アポド氏。

「SUVの旗艦モデル『DS7クロスバック』を発表し、DSブランドの位置づけを明確にしたことに加え、今回、小型の『DS3クロスバック』を発表するにあたって、プレミアムカーに相応しい高い質感の内外装にしました。コンパクトなサイズでもラグジュアリーカーとしての地位を守っています。2019年半ば市販が予定されている『DS3クロスバックE-TENSE』のコンセプトは特に、女性ユーザーからの好評。小さくでもラグジュアリーという、まるでジュエリーのようなモデルに仕上げました」

<写真3>DS「DS3クロスバックE-TENSE」
<写真3>DS「DS3クロスバックE-TENSE」

新世代のプラットフォーム「CMP」に100kW/260Nmの出力を生む電気モーターを搭載し、0−100km/h加速は8.7秒!50kWhもの大容量リチウムイオン電池を積んでおり、1回の充電で走れる距離は最大430kmを誇ります。

ルノーのロボカー3部作が完結

<写真4>ルノー「EZ-PRO」
<写真4>ルノー「EZ-PRO」

商用車に強みを持つルノーらしいコンセプトカー「EZ-PRO」は、パリの直前に開催されたハノーバーショーでワールド・プレミアされました。自動運転の機能を持つ商用EVで、物流分野でのラストワンマイルに加えて、シェアモビリティにも対応できます。配達時間と場所を指定して、コンシェルジュによる受け取りに加えて、スマホでのワンタイムキーを使えば、「EZ-PRO」自体がロッカーとなって荷物を受け取る指定もできます。



日産、三菱とアライアンスを組むルノーは、AI、自動運転、電動化といった新技術を満艦飾のコンセプトカーを発表。今回、パリ・サロンの目玉となった「EZ-Ultimo」は、2017年9月のフランクフルト・ショーで「Symbioz」、2018年3月のジュネーブ・ショーで「EZ-GOコンセプト」に続く、ロボカー三部作の完結編です。自動運転の機能を積んだ超高級リムジンであり、パリのような大都市を訪れる人のためにプレミアムな体験やプライベートな移動空間を提供します。

見るからに“未来のノリモノ”といった印象のスタイリングを持ち、地を這うようなスポーティなデザインが特徴的。大理石や木材といった高級感のある素材を採用するなど、軽量化よりも、高級感を重視した設計です。

全長×全幅×全高=5,700×2,200×1,640mm、ホイールベースは3,880mmのボディ・サイズは、十分にスペーシーですが、都市部での取り回しを考えて、4輪操舵を採用することにより、最小回転半径は5.8mに収められています。また、アクティブサスペンションの採用により、ラグジュアリーカーならではの乗り心地の良さを確保すると同時に、車高の調整もできます。レベル4以上の自動運転の機能を備えており、AIの採用によって、より自然な運転ができます。

エレガントなドレスを身にまとった女性が乗り降りしやすいように配慮されており、ドアがスライドするとともに、ガラス張りのルーフも跳ね上がります。室内は、最大3人まで向かい合わせに座ってくつろげるシート配置。ラグジュアリーな空間でリラックスしながらパリを観光する贅沢な移動を提供します。

<写真5>ルノー「EZ-ULTIMO」
<写真5>ルノー「EZ-ULTIMO」

専用アプリで1日、1時間といった単位でオンデマンド利用ができ、高級ホテルや航空会社の送迎用に使わることを想定しています。

ドイツ車もEVへのシフトが鮮明に 次ページ

こちらの記事もおすすめ(PR)