化学品専門商社が提供する試作サービスPlaQuickと他社のサービスとの違いとは? (1/2)

INTERVIEW

金森産業株式会社
東京支店 課長
泉 規靖

PlaQuickの母体である金森産業株式会社は、1870年に染料商として富山県で創業、以来148年の歴史を持つ工業材料を取り扱う化学品専門商社です。同社は化学工業薬品などを扱う薬品部、塗料や金属表面処理剤などを扱う塗料部、各種合成樹脂を扱う合成樹脂部などを持ち、その他エンジニアリング、環境測定などの事業も展開しています。そういったなかで始めたのが試作品づくりです。1990年代から3Dプリンターで少量の試作品を制作していたそうですが、2年間からPlaQuickと名付けた試作品製作を始めました。その経緯と内容について、金森産業株式会社東京支店課長の泉規靖氏にお話をうかがいました。

プラスチック材料の基礎知識についての参考記事はこちらから

▽おすすめ関連記事

プラスチック成形材料を拡販するためにPlaQuickを始めた

当社は、プラスチック成型材料を販売する目的で、直接開発者やデザイナーと接点を持ち、より早く必要な材料の情報を得るために、25年ほど前から3D−CADと3Dプリンターを導入して、少量の試作品づくりのサービスを始めました。しかし2年前に簡易アルミ型を製造できるようになり、そこで立ち上げたのがPlaQuickサービスです。名称は、「プラスチックをより早く」という意味で命名しました。

末端のユーザーではなく、末端メーカーに部品供給しているTier1(ティアワン)などの開発設計者さんとお付き合いさせていただき試作の話を広めていったんですね。そこでよく話されるのが、「試作は量産と同じ材料でないと意味がないね」とずっと聞かされていたのです。そしてそれを実現するために試作アルミ型を導入しました。
<写真1><写真2>

<写真1>マシニングセンターでアルミを切削加工して金型のコマ部を製作
<写真1>マシニングセンターでアルミを切削加工して金型のコマ部を製作
<写真2>加工したコマ部をモールドベースに嵌めこんで射出成形用のアルミ型が完成
<写真2>加工したコマ部をモールドベースに嵌めこんで射出成形用のアルミ型が完成

それまでの試作は従来の塗料、薬品、樹脂、鋳物といったお客様からお話をいただきおこなっていましたが、PlaQuickサービスを開始してからはより開発に近い研究者の方々と直接取引ができるようになりました。

PlaQuickの看板メニュー「プラクイック射出成形」とは?

PlaQuickサービスでは、「3Dプリンティング」「切削」「シリコン注型」「プラクイック射出成形」「射出成形」というメニューがそろっています。 「3Dプリンティング」ではそれまで行ってきたサービスで、形状確認のために1個だけ安価に試作したいというニーズに応えるためのものです。方法としては、「光造形」「粉末積層」「3Dプリンター」があり、材料や形状により決定して製作します。この方法では直接造形するために納期が短いという特徴もあります。 「切削」は、金属やプラスチックのブロック素材から必要な形状を削り出すもの。寸法精度が高く、さまざまな材料での試作が可能です。 「シリコン注型」は、10〜20個の同一形状の試作品を製作するのに最適な方法です。材料は、ウレタン樹脂、ウレタンゴム、ナイロンになりますが、切削や3Dプリンティングよりも安価に製作することができます。 そして、当社の特徴である「プラクイック射出成形」です。<写真3>

<写真3>プラクイック射出成形サンプル
<写真3>プラクイック射出成形サンプル

プラクイック射出成形では、量産で使用するものを同じ材料メーカー、グレードのプラスチック成形材料を使用して射出成形で試作します。数量は1個から500個程度まで。ガラス入りの樹脂では100個、ガラスなし樹脂の場合500個以上は成形できます。納期は、一般的な試作型では、3週間から1か月ほどかかりますが、3D−CADデータ入稿後最短7営業日。量産同様のシボやインサート成形も可能です。Webサイトでは、1分で簡易見積もりが得られるサービスも行なっており、多くの研究者、設計者の方々に利用していただいています。

例えばバイクメーカーのデザイナーや研究者が量産する前の試作だけではなく、研究段階で試作品を使用して研究したいというニーズがあります。形状だけの確認であれば3Dプリンターでいいのですが、いろいろなテストをするには量産と同じ材料の試作品が必要なのです。

このような家電や自動車の研究者、設計者が利用されるのはもちろんですが、少し変わったお客様としては、材料メーカーの研究所のご利用があります。これは、そのメーカーが自社の材料を販売するときに「この材料でこんな製品が作れますよ」とアピールするために営業担当者が製品を持ち歩くというんですね。ABSやPP、PEなどを販売するために形になっているものがほしかったと。

PlaQuickの注文の流れ 次ページ

こちらの記事もおすすめ(PR)