ばねのことなら何でもお任せ!プロに聞くばね発注までのながれと一歩先行くアキュレイトの提供サービス

INTERVIEW
株式会社アキュレイト
土井 渉
阿部 敏
インタビュイーの写真 (左)土井氏、(右)阿部氏

自動車・産業機械・家庭用電化製品から、玩具まで、ばねは身の回りの様々なものに使われている機能部品です。
商品の開発においてもばねを取り扱う機会は多いのではないでしょうか。
ばねを調達する場合、ばねを個別に発注することは少なく、ばねを組み込んだユニット毎購入したりばねやネジなどの機能部品を幅広く扱う商社へ問い合わせした上で発注をするという流れが一般的ではないのでしょうか。
しかし、実際に開発者として試作品を作る際には、ばねひとつにも踏み込んだ検討が必要なことも多々あります。そこで、「自分が欲しいばねはどのような材質・寸法なのか、どの型番のばねを購入すれば良いのか」、「既存商品に使われているばねの型番が分かっても既に廃番になっていた場合に発注できる企業を探せない」等でお困りになることがあるのではないでしょうか。

こうしたユーザーのさまざまな課題を解決するために、ばねメーカーでは日々どのような対応をされているのか。ばねを入手しやすくするためどんなサービスがあるのか株式会社アキュレイトの土井渉氏、阿部敏氏にお話を伺いました。

また他の記事では、ばねに関する基本用語や設計時の基礎知識について紹介しています。

株式会社アキュレイト
ばね選定WEBプログラムの“選ばね君”を使えば、規格品の選定から、特注品のばね計算、特注品ばねの自動見積までがワンストップで実現。また、ばね知識を持った専門スタッフがばねの技術相談、選定、設計、図面検討までをお手伝いします。

幅広い顧客ニーズに対応するアキュレイトのサービス

株式会社アキュレイトでは、自社ブランド(ウルトラスプリング)を含む規格ばねや特注ばねの製造・販売を手掛けており、1個からのばねの発注が可能です。

取り扱うばねの材料については、ばね鋼、硬鋼線、ピアノ線、オイルテンパー線、ステンレス鋼線、りん青銅線、ベリリウム銅線、メッキ線、チタン線、インコネル線を主に取り扱っておられます。<表1>

<表1>株式会社アキュレイトにて主に取り扱っているばね材料一覧
種類 記号 備考
ばね鋼 SUP-9 熱間成型用として太物のコイルばねに多く使用される
硬鋼線 SWB、SWC 静荷重を受けるばねに使用される
ピアノ線 SWP-A 動荷重を受けるばねに用いられ、機械的性質、耐疲労性に優れている
SWP-B
オイルテンパー線 SWOSC-V エンジンの弁ばね等に用いられ、耐久性、耐熱性に優れている
SWOSC-B
SWOSM-B
ステンレス鋼線 SUS304WPB ピアノ線に比べばね性は劣るが、耐食性、耐熱性において優れている
SUS316WPA SUS304より耐食性は一段と優れるが、ばね性は若干劣る
SUS631J1-WPC SUS304より優れた強度、耐熱性を持つが耐食性は劣る
成型後に時効硬化処理を要す
りん青銅線 C5212WH 導電性、非磁性、耐食性に優れるが、弾性係数が低く、高価な材料
ベリリウム銅線 C1720W 銅系材料の中では高強度で耐食、耐熱性に優れている
メッキ線 SWIC-F、他 SWCやSWPにNIメッキを施した材料で、後メッキよりもコストダウンになる
特殊素材 チタン線 高耐食、軽量 線径、コスト、納期については別途相談が必要
インコネル線 高温、耐食、非磁性な材料
NAS604PH 高強度・高耐食、高耐熱、高弾性係数、非磁性
ハステロイ 高耐食
Ni-Ti線 形状記憶、高弾性
ハーキュリー ピアノ線に相当する引張強さ

また、アキュレイトでは、ばねを発注する際に最低限必要な材質・寸法を入力するだけで、規格品の検索、更に納期やコストの試算まで行うことができる「選ばね君(せんばねくん)」というWebサービスを提供されています。ユーザーは対面・電話などによる相談を省くことで、設計や見積りにかかる時間を大幅に削減することができます。

「選ばね君」による部品選定までの流れは、以下のようになっています。

<図1>でばねの材質、<図2>では寸法条件を指定していきます。材質・寸法共に、簡単な説明と最小値と最大値の基準が明記されているので、ばねに関する知識があまりない人にとっても分かりやすい入力形式になっています。

アキュレイトの自動見積サービス「選ばね君」
<図1>材質の入力画面
アキュレイトの自動見積サービス「選ばね君」
<図2>寸法の入力画面

材質・寸法条件を入力すると、<図3>のように、どの型番が条件に合うかが提示され、見積り数を入力すると、<図4>のように価格と納期まで即座に算定することができます。
もちろんWebサービスではカバーできない部分の問い合わせに対しては、電話による対応も行っています。よくある電話での依頼について、土井氏はこう語っています。

アキュレイトの自動見積サービス「選ばね君」
<図3>品名・型番の出力・見積り数入力画面
アキュレイトの自動見積サービス「選ばね君」
<図4>見積り結果出力画面

「ばねにあまり詳しくないという20~30代の大手メーカーの方からのご相談を多く頂いております。研究開発段階における、機構ユニットなどに組み込むばねについてのご相談が多いです。」

必要なばねのスペックを理解した上での問い合わせをする方だけでなく、寸法・荷重条件が決まっていない、イメージによる選定依頼をするユーザーも多いそうです。ばねについてあまり詳しくないユーザーの対応実績について、土井氏はこう語っています。

「ばねの選定基準の説明と条件のヒアリングによって対応しています。具体的には、まず、ばねの使用環境について顕在化させることから始めます。“使用環境”とは、“何の機械のどの部分なのか?”、“さびるような場所で使用するのか?”“温度、湿度は?”、“外気に露出するのか、ケースの中に入れておくのか?”などです。次に“外径”、“長さ”、“使うときの高さ”、“荷重”をヒアリングすることで大体の場合、規格品を探す、あるいは設計することができます。ただし荷重に関してはヒアリングが難しく、荷重物のサンプルを送ってもらうという対応することが多いです。」

このように、アキュレイトでは、Webサービス「選ばね君」と直接のヒアリングの組み合わせによって、幅広い顧客ニーズに対応しています。

幅広い知見と豊富な経験にもとづく即時見積対応

アキュレイトの強みは、以下の2点に整理することができます。

・Webによるばね選定サービスと幅広い知識、経験を備えた担当者の顧客対応による設計・見積り作業の効率化

・二点荷重管理による高品質保証

この点について、アキュレイト土井氏はこう語っています。

「私たちは、5分で見積りを返すために何ができるのかということを大事にしています。通常であれば、営業が持ってきた案件を、設計担当や見積り担当へ説明する手間がかかります。しかし、わが社では営業担当に設計や見積りの裁量を持たせているため、その部分の手間を省くことができます。ベテランの営業になると電話で外径/材質/個数といった情報から価格と納期を即座に提示することもできます。そこがわが社の強みではないかと思います。」

「お客様にとっても電話は時間がかかるし、営業時間中に問合せができるとも限りません。また、Web上で、自分で選定をしたいというニーズもあるはずですし、そのようなことに応えられるのが強みだと思います。」

また、阿部氏からは以下のコメントを頂きました。

「規格品の場合は出来合いで、後から用途がついてくるので、お客さんによってどの位置(ばねが伸びる量)で使うかがバラバラになっている。なるべくどの位置でも計算値に近い状態でないといけません。規格品であるがゆえに高品質にこだわっています。二点荷重管理をすることである程度計算値に近づけられますが、他社の多くは一点荷重、あるいは荷重ではなく長さで品質管理をしている場合が多いと思われます。二点荷重管理をしているのはわが社の品質上の強みです。」

以上のように、アキュレイトは、知識と経験の豊富なスタッフによる即時見積可能な顧客対応や自動見積りWebサービス「選ばね君」による発注から見積・納品までのリードタイムの早さと、二点荷重管理による高品質で安定した製品を提供することができることが強みとされています。

今後のサービス展開

今後のサービス展開について、お二人はこう語っています。

「多くのユーザー様に使って頂くことを目的とした現状の非会員制のサービスと合わせて、より深いやり取りを行うための会員制サービスも展開できないかと考えています。例えば、量産の案件になると研究者や生産技術の人がいらっしゃって、技術面からの打ち合わせを複数回実施する場合がありますが、そういった技術的交渉が会員制サイトの中である程度進められるとすれば、大きな価値があるのではないかと思います。」(阿部氏)

「また、日本国外へもチャレンジしていきたいという思いがあります。現行サイト(2017年10月時点)は英語バージョンだけですが、これを中国語、ドイツ語、スペイン語にも対応させていきたいです。市場動向を考えると、中国でも現地開発の方法論が進化していて、日本主導ではなく自分達で問題解決もできるようになってきています。こうした他国の背景もあり、多言語化によってもっと「選ばね君」の活躍の場所が生まれるのではないかと考えています。」(土井氏)

サービスのグローバル化は勿論のこと、会員制へとサービスを広げることで機密性の高い情報を扱うことも視野に入れておられるようです。

まとめ

ばねに関する幅広いニーズに対応したサービスを展開しているアキュレイト。ばねの調達を考えている方は、一度「選ばね君」のご利用、またはお問合せを検討されてみてはいかがでしょうか。
また、今回ご紹介した二点荷重管理やばねの検索方法などの提供サービスについては、アキュレイト企業Webページにおいて漫画で分かりやすく説明されています。興味のある方はぜひそちらもご覧ください。http://www.accurate.jp/technology/

株式会社アキュレイト
ばね選定WEBプログラムの“選ばね君”を使えば、規格品の選定から、特注品のばね計算、特注品ばねの自動見積までがワンストップで実現。また、ばね知識を持った専門スタッフがばねの技術相談、選定、設計、図面検討までをお手伝いします。