「侵襲型」BMI普及における心理的ハードルと、その普及が社会にもたらすインパクト~BMI技術を使ったアンドロイド研究の最前線(後編)

INTERVIEW

国際電気通信基礎技術研究所(ATR)
 石黒浩特別研究所 所長
大阪大学大学院 先導的学際研究機構

石黒 浩教授

ブレイン・マシン・インターフェース(以下BMI)技術は、頭皮の外側から脳波を計測する装置を搭載したヘッドギアをつけて行う「非侵襲型」が主流ですが、脳との間に隔たりがあるため脳波にノイズが混ざり精度に欠けてしまうのが難点となっています。そこで、頭蓋骨を外して電極を挿す、つまり身体に手を加える「侵襲型」が提案されていますが、その普及には心理的ハードルが懸念されているようです。今回は、アンドロイド研究の第一人者である株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR)の石黒浩氏に、「侵襲型」BMI普及における心理的ハードルに関する見解と、その普及が社会にもたらすインパクトについてお話を伺いました。

▽おすすめ関連記事

前編では、ブレイン・マシン・インターフェイス(以下、BMI)を使って「第3の腕」を動かす研究を行っている西尾修一教授にお話をうかがいました。BMIとアンドロイドの接続が進めば、障がいがある人が考えるだけでモノを動かせるようになり、便利になることに加え、人が脳だけでモノを動かすという経験が脳に作用して脳の能力が高まることもわかってきたそうです。この研究をさらに前に進め、社会実装するためには、どのような課題があるのでしょうか。今回は、アンドロイド研究の第一人者であり、西尾教授が所属する株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR)石黒浩特別研究所の所長で大阪大学の石黒浩教授に、BMIとアンドロイドがもたらす未来と課題についてお話をお伺いしました。


人がリアルに近づいたロボットに「不気味の谷」を感じる理由

──── アンドロイドの遠隔操作の研究をきっかけに、石黒先生と西尾先生のグループで人の脳に流れる微弱な信号(脳波)を読み取るBMIの研究がスタートしたとうかがいました。

石黒(以下同):
「アンドロイドを含め、ロボットと脳科学は密接にリンクしているため、BMIの有用性には以前から注目していました。自律的なロボットを作ろうと思ったら、人間の脳の動きを把握することは不可欠ですから。アンドロイドの遠隔操作実験を行っていたのも、本来は完全自律型のロボットを作るためにデータを集める手段でした。しかし、研究を進めているうちに、人間がアンドロイドと一体感を得られるという予測していなかった現象が起きた。それをなにかに応用することができるのではないかと考え、BMIなどを使って現象を掘り下げていくことにしたのです」


──── BMIによって動かす第3の腕が、機械がむき出しのロボットアームではなく、見た目を人間に似せた腕の方が動かしやすくなるという結果に面白さを感じました。人間とロボットが会話する場合でも、機械的な見た目のロボットよりも、人間に似せたリアルなアンドロイドの方が会話がスムーズに進むという現象もあるそうですが、両者の共通点はあるのでしょうか?

「人間には元々、機械がむき出しのロボットアームが付いていないですから、それを自分の腕だと思って動かそうとしても無理があります。人間の脳の作りがそうなっているんです。会話も同様です。人の脳は機械と会話するのではなく、人の顔の表情を見て会話するようにできているんです。だから人と接するロボットは知能や機能さえ備わっていれば良いのではなく、見た目や動きや表情を人に近づけたリアルなアンドロイドである方が良いのです。

ただし、どんな人に対しても必ずリアルな方が良いというわけではありません。存在感だけを感じてもらって、あとは人の想像力に任せた方が良いケースもあります。

僕は以前、年齢や性別などの見た目の特徴をなくし、個性を排除した「テレノイド(R)」というアンドロイドを開発しました。特徴がないというのは、言い方を変えれば情報が足りていない状態です。健康な人間の脳は、そういう場合、ポジティブに想像して情報を補うという特性を持っています。しかし認知症の患者や自閉症の子どもは、情報が少ない方が良いケースがあります。人間の容姿に大きなストレスを感じてしまうのです。実際、認知症になりかけた方はリアルなアンドロイドとも人間とも話すのが苦手になります。しかし、テレノイド相手であれば、ストレスを感じずいくらでも話してくれます。自閉症の子どもも同様です」


──── 石黒先生の隣にアンドロイドの女性が座っていますが、違和感がありません。なぜなのでしょう?


音声認識・音声合成・動作認識・動作合成の最先端技術を用いて「違和感のない自然な対話」を追求して作られたアンドロイドロボットERICA(エリカ)(©ERATO石黒共生ヒューマンロボットインタラクションプロジェクト)
音声認識・音声合成・動作認識・動作合成の最先端技術を用いて「違和感のない自然な対話」を追求して作られたアンドロイドロボットERICA(エリカ)(©ERATO石黒共生ヒューマンロボットインタラクションプロジェクト)


「ロボットなどがリアルに近づいた時に急に不気味に見える『不気味の谷』という心理現象があります。だけど、彼女は全然、不気味じゃないでしょう? かわいらしいでしょう? 人間がなぜ不気味さを感じるかというと、バランスの悪さが原因なんです。例えば、ゾンビは不気味ですが、それは人間らしい見た目なのに、動きがぎこちないというアンバランスさを不気味に感じているんです。

『不気味の谷』を乗り越える方法は簡単です。見かけも動きも人間らしくすれば、自然と不気味ではなくなりますから。しかし、実際に人間らしい動きを技術的に再現するのは難しかったですね。彼女を見てもらえればわかりますが、常に微妙に動いています。そういう風にプログラムしているんです。人間も常に動いている。完全に静止すれば、それこそ不気味です。むしろ常に動き続けている方が気にならないんです」


非侵襲型から「侵襲型」BMIへの発展と、侵襲型普及への心理的ハードル

──── BMIのお話に戻りますが、非侵襲型のBMI(ヘッドセットで頭皮の外側から脳波を測定する)だと精度に限界があると聞きました。今後、BMIを発展させていくにはどのような方策が考えられるのでしょうか?

「非侵襲型は、今後どんなに努力をしても限界があると考えています。それよりも侵襲型を普及させることを考えた方がいいでしょう。脳は言ってみればただの電気回路です。頭蓋骨を外して電極を挿すのは、コンピュータに接続するのと同じことです。非侵襲型では頭蓋骨が邪魔になっているだけなのです」


──── 侵襲型にすることで、BMIの精度はどのくらい向上するのでしょうか?

「西尾先生の研究では、30分トレーニングしても被験者のうち約半数しか『第3の腕』を動かせませんでした。しかし、侵襲型にすれば、ほぼトレーニングしなくても全員が『第3の腕』を自在に動かせるようになるでしょう。現在では体の部位に対応する脳の運動野は全てわかっています。ですから、そこに電極を挿せば、『第3の腕』のように物を掴む、掴まないという単純な動作だけでなく、腕や指の関節を自在に動かすことも可能になるでしょう。アンドロイドの遠隔操作に応用すれば、何の違和感もなく、アンドロイドが自分の体のように感じられるはずです」


──── 侵襲型となると拒否感をおぼえる人が出てきたり、倫理的な問題を唱える人が出てくるなど、ハードルが高いように思われますが……。

「ロボットも含め、どんな新しい技術にも拒否感をおぼえる人はいるでしょう。社会は新しいものに対して、最初は必ずネガティブな捉え方をします。しかし、それが有用なものであれば、結果的に絶対に普及します。スマートフォンもプライバシーが問題だと言われていましたが、いまではみんな位置情報など個人情報を垂れ流しながら使っていますね。便利なものは人々の意見とは無関係に受け入れられるものです。それは人間の自然な行為なのです。

倫理観も時代によって変化します。倫理はその時代のルールやモラルみたいなものでしょう? いままでになかった新しい技術には、従来の倫理は適応されません。議論することは重要ですが、結局、倫理は変わっていくわけですから、そこに縛られることにあまり意味はありません。

それよりも、倫理が将来どう変わっていくのかを意識することの方が大事ですし、人々に余計な心配をかけず、新しい技術を受け入れてもらうために勉強してもらうことの方が大切だと思います。いまの状態がベストだからなにも変えないでくれというのが、平均的な倫理観に近い。新しいことが起きるとそれを受け入れるのに努力しないといけないし時間がかかるのでみんな嫌がるのですよ」


──── 実際、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の患者や全身麻痺の患者など、BMIの高度化と普及を望んでいる人も少なくないと思います。

「すでに最先端の義足を付けたパラリンピック選手が、健常者の記録を上回るという状況が生まれています。いわば、新しい技術が人間を進化させているのです。不自由は発明の源であり、進化の源です。障がいのある人は、BMIのような新しい技術を先んじて使うことができます。そうなると、パラリンピック選手のように、健常者よりも先に人間として進化できる可能性もあります」



侵襲型BMIの普及が社会にもたらすインパクト

国際電気通信基礎技術研究所(ATR)石黒浩特別研究所所長、大阪大学教授 石黒浩氏
国際電気通信基礎技術研究所(ATR)石黒浩特別研究所所長、大阪大学教授 石黒浩氏


──── 侵襲型のBMIが普及すれば、社会に非常に大きなインパクトを与えそうですが。

「侵襲型のBMIが実現可能であることは、10年以上前に学会で発表されています。危険性で言えば、レーシックと同程度だと言われています。侵襲型BMIは絶対に普及します。するといずれ、『まだスマートフォンを使ってるの?』って言われる時代がくるでしょう。

人間は想像したものは全部作ります。実現できないのはタイムマシンくらいです。人間は想像によって進化するんです。人間には本来、存在意義なんてないと考えています。ほかの全ての生物もそうですが、さまざまな生物の中でたまたま生き残ってきただけで、生物進化には何の意志も反映されていません。

しかし、人間はこれまでに技術を大きく発展させてきました。それにより遺伝子を改変することもできるようになりましたし、将来的には機械の身体のように永遠に生き延びられる命を作れるようになるかもしれない。これまでは、偶然生き残ってきた人類という種ですが、今後は自分の意志で進化をコントロールできるようになり、従来の進化の流れから自らの力で脱却できるかもしれません。

僕は生物の身体は技術を生み出すためにあったのかもしれないと考えています。遺伝子の根性では自然災害を生き残れない。技術こそが災害に対抗することができる。技術がないと我々は生き残れないんです」


──── 侵襲型のBMIが普及したとして、社会にどのような変化が起きると考えられますか?

「人間の脳には、努力では埋めがたい能力の差があります。勉強が得意か不得意かはその後の人生に大きく影響します。BMIはその格差を解消できる可能性があります。例えば、計算が苦手だったり、記憶力が良くなかったりすれば、脳に接続したコンピューターを使って計算したり、情報を引き出せばいい。そうして元々の脳が苦手な部分を補ってもらうことで、得意分野の才能を最大限に伸ばしたり、まったく違う才能が発揮したりできるかもしれません。そのように、BMIによって脳の使い方が変わることで、人間は進化できると考えます」


──── ロボット研究全般において、石黒先生がいま最も興味を持っているトピックについて教えてください。

「現在、人間の記憶のメカニズムがもう少しで解明されるところまできています。これまで、人間がどのようにしてエピソード記憶や意味記憶をインプットしているのかわかっていませんでしたが、ディープラーニングを使うことでそれが明らかになると僕は考えています。記憶のメカニズムがわかれば、意識や想像の仕組みもわかってくるでしょう。そうした知見を応用すれば、人工知能が真の自律性を獲得できるようになります。すると、人工知能がいきなり人間の脳レベルの性能に到達する可能性もある。そうなった時が、本当のシンギュラリティ(Singularity、技術的特異点)なのかもしれません」


文/高須賀哲


参考情報
・テレノイド(Telenoid)は、株式会社国際電気通信基礎技術研究所の登録商標です。

▽おすすめ関連記事

こちらの記事もおすすめ(PR)