紫外線照射で室内の浮遊菌を減少〜日本全国へと広がる空気環境を改善する取り組み

INTERVIEW

エネフォレスト株式会社
代表取締役
木原 寿彦

空気環境対策(R)の世界基準を日本で唯一クリアした、紫外線照射による殺菌(UltraViolet Germicidal Irradiation:UVGI)方式を採用した装置「エアロシールド(R)」。昨今、 空気環境対策への意識の高まりを背景に、全国でエアロシールドの注文が殺到。需要が急増しています。今回、エネフォレスト代表取締役の木原寿彦(きはら・としひこ)氏にエアロシールドの開発経緯についてお話を伺いました。

▽おすすめ関連記事

紫外線による浮遊菌減少の高い効果と安いランニングコスト

エネフォレスト代表取締役の木原寿彦氏
エネフォレスト代表取締役の木原寿彦氏


紫外線には「耐性菌をつくらない」「常温で殺菌」などの特性があります。エアロシールドは紫外線の中でも高い効果をもつ「UV-C」を室内上部に照射することで、空気中に浮遊している菌を減少させる製品です。大きさはティッシュボックスほどで、重さは約3kgとなっています。

エネフォレストが開発したエアロシールドは特殊なルーバー(仕切り板)構造による紫外線の水平照射を実現。また高さ2.1m以上の場所に設置することで人に悪影響を及ぼす可能性もなく、24時間の稼働も可能です。自然対流により空気が循環することで空気中の浮遊菌を減少させます。

 

人には当たらない高さに紫外線を照射する
人には当たらない高さに紫外線を照射する


エアロシールドは実際に人が生活する広さの空間で行なわれた第三者研究機関の実証試験により、「実空間における浮遊菌減少が89.6%」という効果を実証しました。また、医療機関をはじめ、さまざまなお客様の施設においても、同様の浮遊菌減少の結果が得られており、すでに高齢者施設や乳幼児施設、企業のオフィス、飲食店など不特定多数の人が集まる場所で導入が進んでいます。

「エアロシールドは長寿命高性能紫外線ランプを使用しており、24時間連続使用した場合でも、約7か月に一度のランプ交換を除いて日常の保守点検なども不要です。さらに電気代も24時間で7.6円と、ランニングコストの低さも特長となっています」(木原氏、以下同)

 

祖父への思いがきっかけ、「人がいる空間」でも、24時間、安全な空気を

病室に設置されたエアロシールド
病室に設置されたエアロシールド


木原氏は、大学卒業後コンビニ業界大手のセブン・イレブン・ジャパンに入社、約3年間勤務した後、エネフォレストに入社しています。そもそもエネフォレストの会社のスタートは、創業者の「家族に対する思いやりの気持ち」から始まっています。

「祖父が高齢者施設に入所したのですが、入所後まもなく施設では肺炎で亡くなる人が続いていたんです。そこで入所者が寝起きするベッドサイドで浮遊菌検査を実施したところ、病原菌を含む想像以上の浮遊菌が検出されました。

抵抗力が弱っている高齢者の場合、空気中に浮遊している菌を吸いこむと何らかの感染症を発症して重篤化し、ひどい場合には死に至ってしまう可能性もあります。この検査結果の報告を受け、このような空気環境を改善する装置の開発、普及を急がねばならない、と強く感じました」

当時から紫外線を利用した装置は存在していましたが、「人がいる空間で使用できない」などの特徴は「空気環境対策の効果という観点で考えると疑問があった」と木原氏は言います。

なぜなら、空気感染を引き起こす原因となるウイルスや細菌、真菌は、外気の流入や人の表面(毛髪、皮膚、衣服など)、モノの表面(食材など)に付着した状態で室外から室内に持ち込まれる、あるいは室内にいる感染症罹患者の体内から体外=空間に放出される(咳、内視鏡検査時に発生する病原菌を含むエアロゾルの浮遊・拡散など)と考えられるためです。

そこでエネフォレストは「人がいる空間でも、24時間、安全に空気環境対策ができること」を目標とし、開発を進めていきました。

安全性の基準はJIS規格(1日8時間の曝露許容量 60J/m2)を参考に、UV-Cの照射量を0.2µw/cm2と定めたほか、人がいる空間のすべてで安全性基準を満たすため、装置を設置する高さを床面より2.1m以上と設定しました。

「これは、直進性をもたせ水平に照射された紫外線もランプからの距離が長くなるにつれて散乱する性質が出てしまうことと、日本人の身長を考慮し、設定しました。またエアロシールドの設置後は速やかに、5〜6の地点で、床面からの高さ1.8mの空間の紫外線量の測定を行い、安全性を確認する手順も加えました」

エアロシールドは、紫外線による空気環境の改善と安全性を両立できる製品になっています。

 

消費者の意識改革、お金を出して水を買うように対価を払って空気改善を

トイレに設置されたエアロフィールド
トイレに設置されたエアロフィールド


2010年にエアロシールドが誕生し、そこから出力やデザイン、ランプ交換のしやすさなどの改善を重ねており、現在でもお客様のニーズに合わせて改良を行っているとのことです。新型コロナウイルスの感染拡大を機に需要が急増していますが、「開発当時は販売に苦労した」と木原氏は言います。

「『紫外線は空気環境対策に効果がある』と書かれている論文もいくつか出ているのですが、お客様にはなかなか効果を信じてもらえなかったり、空気清浄機との違いを理解してもらえなかったりすることが多かったですね。また効果が目に見えない製品なので、価値を理解してもらうのにも苦労しました。

ただ、私がコンビニ業界で働いていたとき、当時の消費者には『お金を出して水を買う』意識は薄かったのですが、今では当たり前のようにお金を出して買われています。それと同じように、今後は安心できる空気環境に対価を払う『空気環境を選ぶ時代』が必ずやって来ると思いながらさまざまな現場に足を運びました」

最初に介護施設での導入が始まり、現在は大学病院、産婦人科、小児科、歯科医院、介護施設、こども園、コールセンター、社員食堂、菓子工場などの施設を中心に約3,000台のエアロシールドが導入されています。

また、2018年に開催されたJR東日本主催の「JR東日本スタートアッププログラム 2018」にエネフォレストが採択されたことをきっかけに、2018年12月〜2019年2月の間にJR大宮駅(ベビー休憩室・待合室)、JR南越谷駅(みどりの窓口、出札)において紫外線照射装置「エアロシールド」を設置し、空気環境対策の実証実験を行いました。

 

南越谷駅改札でのエアロシールド実証実験の様子
南越谷駅改札でのエアロシールド実証実験の様子


エアロシールドを稼働させた場合、稼働させない場合と比較して、空気中の浮遊菌が約90%減少する結果が出ました。「人の出入りが少ない空間だけでなく、待合室やみどりの窓口など人の出入りが多く、扉の開閉頻度の高い空間でも浮遊菌量の減少が見られた」と木原氏は言います。

この結果を受け、2020年5月からJR東日本の渋谷駅改良工事における、埼京線ホームの山手線ホームとの並列化の大規模切換工事への対応として、JR東日本東京工事事務所および東京電気システム開発工事事務所の執務室、監督する5か所の現場事務所にエアロシールドが導入されています。

さらには、安心・安全な空間を等しく提供することを目的に、東京ドームの選手エリア、一塁側・三塁側ロッカールーム、選手サロン、監督室、スイートルームなどにも60台導入されるなど、導入先が増えています。

「電車や飛行機、バス、タクシーなど不特定多数の人が出入りする空間は感染症を媒介する場所になる可能性が高いため、今後は交通インフラや災害時の避難所にもエアロシールドを導入し、市場を広げていければと考えています」

空気環境対策を社会インフラにする──家族に対する思いやりの気持ちから始まった、空気環境を改善する取り組みは、日本全国へと広がっています。

「なにかが起きてから対策をとるのではなく、事前の対策をとることが人々のために本当に必要なことです。感染対策における『当事者意識』を社会全体としてさらに高めるためには、私たち一人一人が誰に対しても思いやれる社会になっていく必要があると思っています。そういう意味では、新型コロナウイルスは世界全体において空気環境対策の意識を変える大きなきっかけになったのではないか、と思います」

 

文/新國翔大

 

参考情報
・空気環境対策は、エネフォレスト株式会社の登録商標です。
・エアロシールドは、エネフォレスト株式会社の登録商標です。

 

▽おすすめ関連記事

こちらの記事もおすすめ(PR)