『第14回メッセナゴヤ2019』異業種交流を促進しうる特徴ある加工技術を持つ企業 (1/3)

メッセナゴヤは、愛知万博の理念(環境、科学技術、国際交流)を継承する事業として2006年から始まり、今年で第14回を数えます。主なテーマは異業種交流で、業種や業態の枠を超え、幅広い分野・地域からの出展を募り、出展者と来場者相互の取引拡大、情報発信、異業種交流を図る展示会となっています。

異業種交流の展示会ということで、新たな顧客の獲得、パートナー企業との出会い、新分野の事業へのヒントなどといった目的で出展、来場する場となっているようです。また、ざっと会場を見渡すと、各地の自治体や地域が主催して小確保した小間に、出展する企業が目立ちました。


▽おすすめ関連記事

真円度の高い精密な円筒研削

株式会社山田製作所(愛知県あま市)は、農機具、建築機械の油圧部品、自動車用や電動工具の精密部品、風力発電用の軸受けの製作や研削をしている会社です。「丸をまん丸にする会社」というキャッチフレーズで円筒研削を得意にしているそうです。

山田英登(やまだ・ひでと)代表取締役によれば、メッセナゴヤへの出展は初めてだそうです。展示会自体も2回目で、今回は同社も加盟している中部部品加工協会の小間で出展していました。

「研磨は磨く工程、切削は磨いたものに寸法を出す工程になります。この二つをまとめて研削になります。研磨は手作業の場合も多いですが、弊社の場合は機械を使って砥石を使って磨きつつ寸法も出しています。1/1,000〜2/1,000の精度で真円度を出していますが、弊社は100%研削のある部品で切削だけというのは受けていません」


<写真1>
複雑な形状や油圧部品に使われるような同軸度2μ以内、外径部円筒度3μ以内といった高精度な円筒研削技術を誇る同社の製品。
<写真1>
複雑な形状や油圧部品に使われるような同軸度2μ以内、外径部円筒度3μ以内といった高精度な円筒研削技術を誇る同社の製品。


研削では、部材を固定しておき、砥石を近づけて研磨すると言います。使われる砥石は同社オリジナルで、山田さんは砥石をダイヤモンドで成型する技術がコア・コンピタンスになっていると胸を張ります。

「まず、研磨や研削をする企業自体が日本では少なくなっています。円筒研磨や内径研磨はロット数が1,000〜2,000個程度のものが多く、段取り替えが頻繁になってしまい、量産効果があまり期待できないため、他社は手を出しにくい領域になります。試作など1個2個のごく小ロットのニーズはありますが、弊社が手がけているような中ロットを受注する企業が少ないのです」

油圧部品は高い精度を求められ、同軸度が3/1,000以下でなければならない世界だそうです。工程が増えれば、それだけ同軸度の精度が低くなるので、旋盤も自動盤で1回で仕上げ、研磨でも1回ですませると言います。

<写真2>
5年前に会社を継承した山田さん。3年前には第3工場を建て、今後はさらに業務を拡大していこうと考えているそうです。
<写真2>
5年前に会社を継承した山田さん。3年前には第3工場を建て、今後はさらに業務を拡大していこうと考えているそうです。


ロボット化とともに、ジグの交換、段取り替え、プログラムの入力など、女性でもできるように標準化を進めているそうです。同社の特徴の一つは女性社員が多いことで、従業員29名中、女性が16名です。この理由について山田さんは技術を継承するためと言います。

「例えば『痛くない注射針』で注目された岡野工業さんも後継者がいなくて廃業したように、下町ロケットに代表されるような技術力がなかなか継承されていません。いくら優れた技術でも継承されなければなくなってしまいます。企業としては継続性も重要なので、高い技術力は当然のことながら、それを誰でも再現できるようにすることが弊社の目標です。

技術の質は保ちつつ、熟練者でも未習熟な人でも、性別や国籍などを問わずに同じような製品を作ることができることを目指しているのです。女性の雇用創出や社会進出に対しても賛同していますので、技術に詳しくない人でも作業できるようにした結果、現在のような体制になりました。最終的にはロボット化も視野に入れています」

研削以外に今後はサービスにも力を入れたいと言う山田さん。例えば、IoTを絡めたり、アプリケーションを作ったり、アフターサービスなど、研削の精度を高めるだけでなく付加価値を付けていきたいそうです。


平らで出っ張りの少ないネジ 次ページ

こちらの記事もおすすめ(PR)