『富山県ものづくり総合見本市2019』鋳造技術やデザインの追求!富山県企業が持つものづくり精神 (1/4)

「富山県ものづくり総合見本市」は、2010年から始まり、基本的に2年に一度(2012年、北陸新幹線の開業で2015年、2017年)開催され、今年2019年で5回目になる商談会を兼ねた展示会です。前回から会場になっている富山産業展示館が増築され、出展社、来場者数ともに大きく増えたそうです。

富山県は高岡市でアルミや鋳造が盛んで、いわゆる富山の薬売りのように医薬品メーカーも多い土地柄であり、工作・産業機械、自動車関連、精密機械、電子・電機、IT、鋳造・金型・金属加工、プラスチック、アルミ、繊維、医薬・化学、食品など、小間数400に県内外から多くの企業が出展していました。その中から、アルミ、鋳造、工作機械、プラスチックのものづくり系出展社を取材しました。


▽おすすめ関連記事

アルミニウムやマグネシウムの押出型材

もと兄弟会社が合併してできた三協立山株式会社(富山県高岡市)は、アルミニウム、マグネシウムの鋳造・押出、加工、販売をしている会社です。同社には社内カンパニーとして、建材事業(三協アルミ)、商業施設事業(タテヤマアドバンス)、マテリアル事業の大きく3部門があり、3部門ともに出展していました。その中の三協マテリアル社はマテリアル事業部門であり、説明してくださった技術開発統括室 基盤技術部 押出・加工技術課の加門真一(かもんしんいち)さんによるとアルミサッシをメインに製造販売しているそうです。

「ほかには自動車部品、鉄道車両部品なども手がけていますが、ヘリポートデッキの押出型材なども作っています。ヘリポートデッキは、アルミニウムの中でも6005Cという材質で作っています」(加門さん、以下同)

押出型材では、アルミニウムのほかマグネシウムも扱っているという同社。難燃性マグネシウムでは、鉄道車両の構体構造として使われている剛性の強いダブルスキン構造の押出型材も可能と言います。

「鉄道車両の場合、弊社製品は一部で使われていますが、まだ車両全体というものは採用させていただいていません。将来的には新幹線の車両などに採用されるように努力していこうと思っています」


<写真1>
三協マテリアル社 技術開発統括室 基盤技術部 押出・加工技術課 加門真一さん。富山県高岡市はアルミニウムの精錬で栄えたと言います。
<写真1>
三協マテリアル社 技術開発統括室 基盤技術部 押出・加工技術課 加門真一さん。富山県高岡市はアルミニウムの精錬で栄えたと言います。

マグネシウムの比重はアルミニウムの2/3と軽いものの、燃えやすく加工もしにくいという難点があり、コスト的にも高いそうです。最近になり、マグネシウムにカルシウムを添加することで難燃性を高めた合金が開発され、鉄道車両などで広く使われるようになっています。同社は、アルミニウムの押出型材で培った技術を応用し、産学官連携で難燃性かつ加工しやすいマグネシウム合金の実用化に向け、研究開発を続けていると言います。

「アルミニウムにせよマグネシウムにせよ、比較的柔らかいので押出が可能です。断面の強度、肉厚、パターンなど、お客様からあらかじめ理想の形状をご要望いただくこともありますが、過去の経験から強度的にこれは難しいのではという形状はあります。そこは逆にご提案させていただき、お客様とご相談しながら採用していただいています」

部材同士をつなぎ合わせ、接合する継手には定番の形状があるということですが、溶接かFSW(摩擦攪拌接合)などさまざまな対応が可能だそうです。ただ、FSWの場合、圧力をかけなければならないので、部材の受けが必要な場合もあると言います。

「弊社の主力はアルミニウムの押出型材ですが、これまでにないところに使っていただきたいと思っています。例えば、自動車の構造体や部品でアルミニウムの使用は増えてきているものの、メインの部材にはまだ多く使われていません。条件によって使用される部位や製品は限定的で、今後そうしたものを取り払うことができればと考えています」


<写真2>
アルミニウムとマグネシウムのダブルスキン京城の押出型材。左が押出で作ったヘリポートデッキ。
<写真2>
アルミニウムとマグネシウムのダブルスキン京城の押出型材。左が押出で作ったヘリポートデッキ。


また、腐食に弱いとされるアルミニウムは、船舶では耐腐食性の高いアルミ合金を使っているそうです。ただ、生産しにくくコストも掛かることから、耐食性の高いアルミの生産性を上げ、コストを下げることができれば可能性は高いと言います。

「ボーキサイトからアルミナを取り出す際に電力が必要になりますが、富山県は水力発電による電力供給が大きかった時代があり、もちろん今では精錬は海外でやっていますが、そのためアルミニウムの精錬産業が盛んになりました。一度、精練してしまえば、リサイクル材として再利用ができるのもアルミニウムのメリットで、リサイクルでは精練の1/10程度の電力しか必要ではありません」

ただ、アルミニウムの多くは合金として作われ、同じビール缶でも本体とフタの部分で合金が違います。不純物が入らないような分別技術と調整が必要だそうです。アルミニウムの街で技術革新に挑む同社。鉄道車両での使用が更に拡大するようになれば、いつか同社が車両ボディ全体を作った新幹線が走ることもあるかもしれません。


変速機に使われる油圧部品 次ページ

こちらの記事もおすすめ(PR)