『東京モーターショー2019』で見たEV/PHEV時代の最重要コンポーネント「eAxle」最前線 (1/3)

電気自動車(EV)におけるパワートレインの役割をになう”eAxle”(イーアクスル・電動車軸)に注目が集まっています。1か月前の「フランクフルトモーターショー2019」、そして今回の「東京モーターショー2019」でも各社からEVが発表され、その流れはグローバルで明確になってきています。

eAxleとは、インバーター・モーター・トランスアクスルの3つのコンポーネントで構成される駆動モジュールのことを指し、エンジン車で言うエンジン・トランスミッション・アクスルにあたるものです。

エンジン車におけるパワートレインは、非常に重要な差別化要素であることは言うまでもありませんが、電動車においてもそれは同じことです。ただし違うのは、ICE(Internal Combustion Engine:内燃機関)は自動車メーカーが自ら生産するコア部品であるのに対して、EVのパワートレインはサプライヤーが生産することが多いということです。それゆえサプライヤーの開発競争が激化し、陣取り合戦が始まっているわけです。

各国のメガサプライヤーが顔を揃えた「東京モーターショー2019」においても、各社のeAxleの展示が出そろい、特徴をアピールしていました。本稿では、まず最新のEVにみるeAxleのトレンドを紹介したあと、東京モーターショーで各サプライヤーがどのようなeAxle展示していたのか、特に差別化要素としての変速機構や高電圧インバーターなどの注目すべき競争領域について紹介します。


▽おすすめ関連記事

eAxleをリアに搭載するEV専用シャーシ

まず、最新のEVにおけるeAxleのトレンドを確認しておきましょう。東京モーターショーのちょうど1か月前となる9月末に開催されたフランクフルトモーターショーでは、EV専用シャーシを備えた新世代のEV(これまでのEVはICE車をベースにしていたものがほとんど)が登場しました。

フォルクスワーゲン「ID.3」は、リアの車軸上、トランクの下あたりにeAxleを搭載し、床下にバッテリーを敷き詰めたRRレイアウトで登場しました。背の低いeAxleによって十分なトランクスペースを確保しながら、フロントにはパワートレインがないためノーズを切り詰めて車室を広く取り、EVならではのスペース効率を実現しています。

このようなレイアウトは、東京モーターショーで日本公開されたホンダ「e」にも採用されています。

<写真1>
フォルクスワーゲン「ID.3」のeAxleレイアウト
<写真1>
フォルクスワーゲン「ID.3」のeAxleレイアウト

高性能車は前後eAxle+リア2段変速+急速充電

ポルシェ「タイカン」には注目すべき技術的特徴がふたつあります。前後に搭載されたeAxleのうち、リアのeAxleは2段変速であること、もうひとつは800Vのシステム電圧を採用していることです。

一般論としてEVは、トランスミッションなしでも加速性能と最高速を両立できるほどの低速トルクがありますが、スポーツカーやトラックなど、低速でより強い駆動力が必要な場合には変速機構が求められる場合があります。ポルシェ「タイカン」は、加速性能を求めて2速変速のeAxleを採用したということになります。


<写真2>
ポルシェ初のEV車「タイカン」
<写真2>
ポルシェ初のEV車「タイカン」


<写真3>
「タイカン」のeAxleレイアウト
<写真3>
「タイカン」のeAxleレイアウト



タイカンにはスポーツカーならではの性能を実現するため、100kWh近い大型のバッテリーを搭載しています。それに応じて、充電もパワーがないと時間がかかりすぎてしまうことから、800Vのシステムが採用されました。

そして、東京モーターショーで公開されたメルセデス・ベンツ「EQS」も、前後にeAxleを搭載し、リアのeAxleは2段変速、そして100kWの大型バッテリーに対して350kWの急速充電に対応する、というタイカンと似た特徴を持っています。。

余談ですが、800Vに対応した充電インフラについても動きがあります。ドイツ系自動車メーカー〔ダイムラー・BMWグループ・フォルクスワーゲングループ(アウディ・ポルシェ)・フォード・ヒュンダイグループ〕の合弁会社による充電プロバイダー「IONITY(アイオニティ)」が、800Vに対応した350kWの充電ステーションを欧州で配備を始めており(充電規格はCCS・通称コンボ)、インフラ面でも整備が始まっています。

高性能車には2速変速のeAxleも使われるようになっていること、バッテリーの大容量化に応じて急速充電性能が高くなってきたことが見受けられます。


デンソーとアイシンがタッグを組んだBluE Nexus 次ページ

こちらの記事もおすすめ(PR)