災害や家庭内事故時での活躍を期待!医療・介護関連の新製品たち〜『第3回 医療と介護の総合展』(後編) (1/2)

『第3回 医療と介護の総合展』は、医療機器やヘルスケア機器などを集めた医療と介護の専門展示会です。前編では尿失禁のトレーニングや子供の夜尿症の改善に効果的なセンサーデバイス、解像度が高く機器自体の自由度も高いCMOSセンサーを先端に取り付けた内視鏡など、アイデアを生かした医療機器の取り組みを紹介しました。後編では、電池で使用できる携帯型痰吸引器、災害時でも通信連絡が可能な無線端末、ヒートショックによる浴室内事故防止装置といった災害時での活躍が期待できる身近な技術をレポートします。


▽おすすめ関連記事

小型軽量化した痰の吸引器

携帯型の痰の吸引機器を出展していたのは日東工器株式会社(東京都大田区)です。昨今よく起きる台風などの自然災害で電源供給が止まり、医療機関などで機器が作動できずに大きな問題になりました。電力がなくなった場合、痰の吸引ができずに困る被災地も多かったのです。説明してくださった植野祐介(うえの・ゆうすけ)メドー事業部リニア販売部販売課主任によれば、同社はカプラーや継ぎ手の製造販売メーカーだそうです。

「弊社事業の中に自社製品のポンプを販売する部門があり、その技術を転用した製品として今回、携帯型の痰吸引器を出展しました。医療機器として業者さんを通じて販売をしていただいています。

特に障害を持った小児を対象にした製品として開発しましたが、在宅介護が必要な小児の患者さんの場合、どうしても通院が必要となり、保護者や介護者は車椅子に乗せた小児の患者さんと外出しなければなりません。その際、なるべく荷物は少なく重いものは持ちたくないということで、必需品の痰吸引器の小型軽量化は長く待ち望まれていた製品となっています」


<写真1>
本体は約1.2kg、航空機内への持ち込みも可能、単三アルカリ乾電池4本で約15分間作動し、充電可能な二次電池(1,900mAh)では約70分間使用できるそうです。
<写真1>
本体は約1.2kg、航空機内への持ち込みも可能、単三アルカリ乾電池4本で約15分間作動し、充電可能な二次電池(1,900mAh)では約70分間使用できるそうです。


植野さんによると、小型化する上で吸引力との兼ね合いが最も大きな技術的な課題だったと言います。

「ポンプの大きさによって吸引力は決まってきます。吸引器のノズルを患者さんの喉へ差し込みますから、吸引力が強ければ短時間で吸引できて負担が少なくなります。しかし当社の製品は小型なので吸引力は弱く、さらさらした痰なら十分に機能を発揮できますが、粘度の高い痰、硬い痰では吸引できない場合もあると思います。成人の場合、量も多くなりますし粘度も高くなりますので、乾電池で動作する小型タイプには荷が重いかもしれません。

また、ノズルはそれほど長く差し込んでいられるものではありませんので、使用対象の患者さんは小児が主になってくると思います。ただ、乾電池で動作する痰の吸引器として、停電した場合など応急的な装置として評価していただいています」

医療と介護の総合展ということで、こうした患者さんや家族の「困った」を解決する技術が多く出展していました。



<写真2>
日東工器株式会社 植野祐介メドー事業部リニア販売部販売課主任。携帯型痰吸引器の値段は税別で6万5,000円。個人使用の場合、自治体によって金額は違いますが、給付金によって負担は軽減されるでしょうとのことです。
<写真2>
日東工器株式会社 植野祐介メドー事業部リニア販売部販売課主任。携帯型痰吸引器の値段は税別で6万5,000円。個人使用の場合、自治体によって金額は違いますが、給付金によって負担は軽減されるでしょうとのことです。


災害時や緊急時に連絡できる無線端末

今回の展示会では、医療や介護以外にも多種多様な出展社がありました。テレネット株式会社(長野県飯田市)は、地震・津波対策を専門として防災に役立つ製品やサービスを提供している企業です。展示していたのはハザードトークという無線機のシリーズで、ブースで説明してくださった利根川英樹(とねがわ・ひでき)営業サポート部エンジニアリング係長によれば、災害時や緊急時に携帯電話が通じなくなってもある程度やり取りができる端末ということです。

「弊社はもともと緊急地震速報の受信機を作っているメーカーです。その知識を元にしてIP(Internet Protocol)無線の防災関連機能を付けた端末を製品化しようということになり、4年前からハザードトークの開発に取りかかりました。IP無線は携帯電話の電波帯を使った一種のトランシーバーです。他社さんも同じような製品を作っているようですが、これだけ多機能なのは弊社の製品だけだと思います」

利根川さんによると、ハザードトーク906M(119.5×61.5×23.5、210g)という製品は、NTTドコモの回線を使っているのでNTTドコモのサービスエリアで通話やデータ送受信が可能だそうです。IP無線は、消防などの行政、タクシー会社、トラック運送業、バス会社、警備会社などで活用される通信手段にもなっています。


<写真3>
対策本部用、出先地域用で通信し、ハザード・フォトスという専用アプリで画像を送受信している様子。
<写真3>
対策本部用、出先地域用で通信し、ハザード・フォトスという専用アプリで画像を送受信している様子。



「やはり、ドコモさんは基地局数や緊急時の移動基地局も多く最も信頼性が高いと思います。ただ、弊社はドコモさんと直接ではなくMVNO(Mobile Virtual Network Operator、仮想移動体通信事業者)の業者さんと契約しています。MVNOは、キャリア3社の電波帯に間借りした電波回線をユーザーに提供する業者さんになります。

また、電波が入らない場所ではWi-Fi接続することも可能ですから、衛星データ通信の通信環境があればWi-Fiを使ってさまざまな通信手段を使うことができます。無線通話をするときは端末同士が原則ですが、外線オプションを付ければ050の外線通話も可能です。救急車に搭載していただいているお客様は、弊社の端末を使って病院とのやり取りなど、IP無線機以外の発着信をしている事例もあります」

また、ハザードトークエニー(152.9×74.2×8.5、162g)というAndroid端末に似た新製品では、NTTドコモ/au/ソフトバンク、3キャリアいずれかの基地局の電波の中で最も品質のいい電波を拾うという仕様になっているといいます。

「こちらの製品は通信手段の多様化という点で役立つと思います。例えば、2018年12月に起きたソフトバンクさんの一時的な通信障害のような事態の場合、SIMを複数入れなくても他の電波帯を使うことができます。技術はモバイル・ルーターと同じもので、端末の中に特殊なアプリ用のもの以外のSIMは入っていません。アンテナマークが二つ表示されますが、これはルーター用とアプリ用SIMがあるためです」


災害現場の声を反映させて開発 次ページ

こちらの記事もおすすめ(PR)