新世代EVと大型バッテリーを搭載したPHEVが登場した『フランクフルトモーターショー2019』 (1/3)

ドイツで開催される「フランクフルトモーターショー2019」は、重要な自動車ショーのひとつであり、ドイツ系自動車メーカーが毎回豪華なプレゼンテーションを繰り広げることでも知られています。

そんな華やかなショーですが、今回のフランクフルトは、出展するメーカーがかなり減ってしまったことで話題になりました。実際のところドイツ以外からの出展はかなり寂しい状況で、日本から出展したのはホンダのみで、トヨタや日産は出展を回避しました。また欧州メーカーについても、フランスやイタリアのメーカーは出展がありませんでした。

それ以外では、ヒュンダイ、ジャガー・ランドローバー(現在はインド・タタ資本)が大型ブースを出展したほか、欧州進出を狙う中国の三つのメーカー(EVベンチャーの「BYTON」・長城汽車系のブランド「WEY」・第一汽車系のブランド「紅旗」)が、日系メーカーに取って代わるように出展していたのが印象的です。

そのような状況もあり、ドイツメーカーの動向がより強調されることになりました。なかでもはっきりと現れていた二つのトレンドがあります。プラットフォームからEV専用に開発された「新世代EVの登場」と、「PHEVの増加とバッテリー大型化」です。


▽おすすめ関連記事

プラットフォームからEVに最適化した「ID.3」

フォルクスワーゲン「ID.3」は、今回のショーの中でも注目を集めた一台です。ディーゼルゲートの反省に立ち、ゼロから作り上げたEV専用のモジュール式プラットフォーム「MEB」を用いた最初のモデルであり、フォルクスワーゲンのEVブランド「ID」シリーズの名を冠した最初のプロダクトモデルでもあります。

そのプロポーションは独特で、全長は4,261mmと「ゴルフ」とほぼ同じですが、側面から見ると、短いエンジンベイとオーバーハング、それと同時に長いホイールベースが際立っており、EV独特の存在感があります。

パワートレインは、コンパクトなeAxleがリアに搭載されています。特に全高を低く抑えられており、トランクルームのフロア高も合理的な範疇に収まりました。トランクを開けても、言われなければその下にeAxleが収まっているとは気づかないでしょう。

ID.3はバッテリー容量によって3つのグレードが用意されます。45kWh・58kWh・77kWhの3種類で、航続距離はそれぞれ330km・420km・550km(WLTP基準)となります。最大出力は150kw、最大トルクは310Nmとなかなかにパワフル。

初期ロットとなる3万台限定の特別仕様車は、中間グレードがベースとなり、2020年半ばに出荷が開始される予定です。ドイツにおける価格は4万ユーロ未満、登録日から1年間で最大2,000kWhの無料充電が含まれます。

充電規格はCombo(CCS)が採用されました。フォルクスワーゲンは、ダイムラーやBMWとともにIONITY(Combo規格を推進する団体)を結成しており、自然な流れと言えるでしょう。急速充電はDC125kWとされています。

<写真1>フォルクスワーゲン「ID.3」
<写真1>フォルクスワーゲン「ID.3」
EVならではのスペース効率とは 次ページ

こちらの記事もおすすめ(PR)