分析機器・科学機器の展示会『JASIS2019』でみた先端研究開発の現場 (1/3)

分析機器や科学機器に関するアジア最大級の展示会として毎年1回、開催されているJASIS(Japan Analytical & Scientific Instruments Show)ですが、今年2019年は、9月4日(水)〜6日(金)まで3日間にわたり、千葉県の幕張メッセで開催されました。今年は出展社数、小間数ともに過去最高の開催規模だった一昨年2017年に匹敵する盛況ぶりで、総出展社数478社、総出展小間数1423小間、カンファレンスのみ開催の火曜日をいれた来場者数は合計2万3,409名となりました。
分析機器や科学機器に関する出展が多かったJASISですが、ものづくり系技術や自動運転などの先端技術などもありました。その中から今回は、「フィルム状の温度センサー」、「非接触生体センサー」、「磁化率による粒子の測定法」の3つの技術を紹介します。


時代を反映したテーマ企画が大盛況!分析機器・科学機器のアジア最大級の展示会『JASIS2019』レポート | みんなの試作広場

2019年9月4〜6日に千葉県幕張メッセにて開催されたアジア最大級の最先端科学機器・分析システムとソリューションのための展示会JASIS2019。パーソナルケア、おいしさ評価、素材系接合と表面処理に加え、ライフサイエンスや環境問題で注目を集めるマイクロプラスチックなど、時代を反映したテーマ取り入れた試みも多く好評…

▽おすすめ関連記事

面的な風力計測も可能な柔らかいフィルム状の温度センサー

一般的な気流計測センサーは、風車がついた風力計や航空機の速度計のピトー管のようにある一点での計測するタイプが主です。こうした計測方法では、風力計の固定方法や位置の違いによって計測結果が変わってしまったり、気流の面的な計測ができないというデメリットがありました。

国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)がJASISに出展していたのが、面的な気流分布を正確に計測できる柔らかなフィルム状のセンサーシートです。人間拡張研究センター副研究センター長、牛島洋史氏に今回のセンサーについてお話をうかがいました。


────今回、出展されているのは温度センサーということになっていますが、気流も計測できるのでしょうか。

牛島:
本来は物質の伸びたり縮んだりする歪みという抵抗値の変化を計測する温度センサーなのですが、今回は気流を計測できるという使い方を展示しています。つまり基本は温度の高い部分と低い分を可視化することのできるセンサーですが、それを温めておき、風が当たって温度が下がる部分を計測することで風の流れ、気流も計測できるという応用サンプルということになります。


────今回のセンサーの特徴はどのあたりにありますか。

牛島:
材料に使っているのが導電性の材料と絶縁性の材料を混ぜた特殊なインクで、シルクスクリーン印刷を使ってフィルムに形成できたというところが新しい技術だと思います。柔軟なシートなので曲面や球面にも貼ることができ、タイル状に並べていけば大面積にも対応可能です。


国立研究開発法人産業技術総合研究所
人間拡張研究センター副研究センター長
牛島洋史(うしじまひろし)氏。
JASISは前身の頃からなじみ深い展示会だと言います。

────トラックの模型がありますが、荷台の屋根に貼り付けているのが今回のセンサーですか。 

牛島: 
そうです。シートの厚みは50μmと薄く、凹凸のあるトラックの荷台の屋根にも貼り付けることができます。これまでも金属製の気流センサーはあったのですが、こうした使い方はできませんでした。センサーを印刷したフィルムの裏面に電熱線をつけてシート全体を加熱し、例えばトラックが走行したときに気流を受けて温度が下がって冷却されるシートを計測することで気流の速度分布が測定できるというわけです。


────温度センサーとしての使い方はどのようなものが想定できますか。 

牛島: 
温度の分布を面的に測るのは意外に難しく、素材が硬かったりしてウェアラブルな装着ができなかったのです。今回のシート状の温度センサーでは、布の上に印刷して衣服にするなどの使い方が可能ですから、介護現場で高齢者の体温から見守りをしたり、運転中のドライバーの体調管理などにも応用できるでしょう。コスト的にもインクなので今回の13cm角のシート1枚で数百円台の低いほう、量産効果で2桁まで下げることが可能です。

フィルムがシート状になった温度センサーを加熱しておき、気流によって温度変化を計測して気流センサーにしたといいます。扇風機でセンサーを貼り付けたトラックの模型に風を当て、モニターに温度分布の事例を映し出しています。
フィルムがシート状になった温度センサーを加熱しておき、気流によって温度変化を計測して気流センサーにしたといいます。扇風機でセンサーを貼り付けたトラックの模型に風を当て、モニターに温度分布の事例を映し出しています。

────JASISへ出展した印象をお聞かせください。 

牛島: 
分析機器展と言っていた時代からよくうかがってきましたが、分析や計測などの各種機器の完成された製品を購入したいという来場者が昔から多かったと思います。あまり劇的なイノベーションがない分野と思われがちですが、毎年来るたびに常識的には測れないと思い込んでいた対象を計測できるような新しい技術が出ていて驚かされます。


個人的にも産総研としても見逃せない展示会がJASISと言う牛島氏。分析や計測ではなく、ものづくり系や技術寄りの出展内容だとしても、JASISに出す意味はあるとおっしゃっていました。

生体センサーと姿勢センサー、AIによる自動運転を組み合わせた技術とは? 次ページ

こちらの記事もおすすめ(PR)