SDGs 目標12「持続可能な消費と生産」とは。天然資源の管理及び効率的利用に注目した循環型ビジネスの実現がカギ

SDGs(Sustainable Development Goals、持続可能な開発目標)とは、2015年の国連サミットで宣言された「2030アジェンダ」の中核をなす、測定可能で期限を定めた17の目標です。なかでもSDGs目標12「持続可能な生産消費形態の確保」では、天然資源の管理及び効率的利用をうたっており、循環型経済への変換に向け製造業の貢献が期待されます。本記事では、環境負荷に配慮した循環型ビジネスを手掛けるエステー株式会社の協力のもと、SDGs目標12の詳細や他社とのコラボレーションで進める循環型ビジネス事例などの情報をご紹介します。

SDGsとは国連サミットで宣言された「持続可能な開発目標」

昨今あらゆる場面で目にするようになった「SDGs」。
2015年に開かれた国連サミットで採択された「われわれの世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」の中核をなす17の目標の総称であり、人間と地球の「やるべきことリスト」とされています。2030年までに貧困を撲滅し、環境や気候変動への危機に対処し、持続可能な未来を実現することを目標としたSDGsの達成のためには、グローバル、国家、地域、地方のレベルですべての人々の行動が求められます。
その中でも、SDGs目標12は「持続可能な生産消費形態を確保する」ことを宣言しており、製造業においても具体的な行動が求められる目標です。


SDGs目標12は、「持続可能な消費と生産」の実現に向けた達成目標

SDGs目標12「つくる責任」「つかう責任」
SDGs目標12「つくる責任」「つかう責任」


SDGs目標12では、持続可能な生産消費形態の実現に向け、天然資源の管理及び効率的利用、食品廃棄やその他廃棄物の削減と再利用、化学物質や有害廃棄物の管理と削減を求めています。

<表>SDGs目標12の11のターゲット
12.1 開発途上国の開発状況や能力を勘案しつつ、持続可能な消費と生産に関する10年計画枠組み(10YFP)を実施し、先進国主導の下、全ての国々が対策を講じる。
12.2 2030年までに天然資源の持続可能な管理及び効率的な利用を達成する。
12.3 2030年までに小売・消費レベルにおける世界全体の一人当たりの食料の廃棄を半減させ、収穫後損失などの生産・サプライチェーンにおける食料の損失を減少させる。
12.4 2020年までに、合意された国際的な枠組みに従い、製品ライフサイクルを通じ、環境上適正な化学物資質や全ての廃棄物の管理を実現し、人の健康や環境への悪影響を最小化するため、化学物質や廃棄物の大気、水、土壌への放出を大幅に削減する。
12.5 2030年までに、廃棄物の発生防止、削減、再生利用及び再利用により、廃棄物の発生を大幅に削減する。
12.6 特に大企業や多国籍企業などの企業に対し、持続可能な取り組みを導入し、持続可能性に関する情報を定期報告に盛り込むよう奨励する。
12.7 国内の政策や優先事項に従って持続可能な公共調達の慣行を促進する。
12.8 2030年までに、人々があらゆる場所において、持続可能な開発及び自然と調和したライフスタイルに関する情報と意識を持つようにする。
12.a 開発途上国に対し、より持続可能な消費・生産形態の促進のための科学的・技術的能力の強化を支援する。
12.b 雇用創出、地方の文化振興・産品販促につながる持続可能な観光業に対して持続可能な開発がもたらす影響を測定する手法を開発・導入する。
12.c 開発途上国の特別なニーズや状況を十分考慮し、貧困層やコミュニティを保護する形で開発に関する悪影響を最小限に留めつつ、税制改正や、有害な補助金が存在する場合はその環境への影響を考慮してその段階的廃止などを通じ、各国の状況に応じて、市場のひずみを除去することで、浪費的な消費を奨励する、化石燃料に対する非効率な補助金を合理化する。

(出典:外務省HP)
 
 

SDGs目標12達成のため求められる循環型経済への転換

SDGs目標12のなかでも、天然資源の管理及び効率的利用と廃棄物の削減、再利用には、直線型経済から循環型経済への転換が求められます。資源の大量投入を前提とした大量生産・大量消費の直線的経済は、地球環境問題の顕在化などを受けその限界を迎えました。循環型経済では、あらゆる段階で資源の効率的・循環的な利用を図り経済成長を目指します。
世界の循環型経済を推進する組織「エレン・マッカーサー財団」では、循環型経済の3原則を以下のように定義しています。

1.廃棄物や汚染などを出さない設計
 温室効果ガスや有害物質の排出、それによる水や大気の汚染を防ぐシステムを設計する
2.製品や資源を使い続ける
 より耐久性の高い製品の設計や、リユース、リサイクルの推進により、製品、資源を循環させる。
 また、バイオ由来素材は経済システム、自然システムをまたいで循環させる
3.自然のシステムを再生する
 再生可能エネルギーや土壌への還元が可能な素材など、再生可能資源を活用する

これらを指針に、あらゆる企業に循環型経済に向けた取り組みが求められています。

エステー株式会社は、積極的に循環型ビジネスに取り組む企業のひとつです。
健全な森林育成の過程で行われる、間伐時に発生するこれまで廃棄されてきたトドマツの枝葉(未利用資源)を活用した「クリアフォレスト(R)」事業は、同社の代表的な循環型ビジネスで、天然資源を無駄にせず付加価値を見出し効率的に活用する取り組みです。間伐時に回収されたトドマツの枝葉から空気浄化機能のある成分を抽出し、エアケア製品に活用しています。

トドマツ間伐時に発生する枝葉(未利用資源)を活用した循環型ビジネス(提供:エステー株式会社)
トドマツ間伐時に発生する枝葉(未利用資源)を活用した循環型ビジネス(提供:エステー株式会社)


また、同社ではループジャパン合同会社が展開する循環型ショッピングプラットフォーム「Loop」に参画し、一般消費財容器などを、繰り返し利用が可能な耐久性の高い容器に替えてリユースする取り組みを推進、2021年5月にはLoopに対応した消臭芳香剤の販売も開始しました。
このように、エステー株式会社では企業全体として「環境負荷を下げる」ことを目標に、循環型ビジネスを展開しています。


SDGs目標12と循環型経済が製造業で今後より重要に

SDGsとは、貧困や人権、環境問題といった世界的な課題に対し、全世界で解決に向け取り組むための17の目標です。そのなかでも、「持続可能な生産消費形態を確保する」ことを目標に掲げたSDGs目標12は、製造業に対しても対応を求める内容になっています。
SDGs目標12の達成には、従来の直線型経済から、循環型経済への転換が求められ、汚染物質の排出抑制や再生可能エネルギーの活用、これまで廃棄されてきた資源の効率的利用、使い捨てを見直しリユースを促進することなどが検討される必要があります。
循環型ビジネスを牽引する企業であるエステー株式会社は、「クリアフォレスト事業」をはじめ環境負荷に配慮した事業を展開、持続可能な未来に向けたアクションを行っています。


エステーの循環型ビジネス「クリアフォレスト」

エステー株式会社は、「空気」に関するトップランナーとして消臭芳香剤などのエアケア製品を数多く手がけています。空気ビジネスにおける強みを生かした環境や社会のサステナビリティの実現に向けた事業にも注力し、その取り組みの一環として「クリアフォレスト事業」を行っています。
クリアフォレスト事業の全体像と目指す世界について、エステー株式会社 クリアフォレスト事業部 事業部長 奥平壮臨氏と、トドマツの抽出成分の製造を行う株式会社北都 代表取締役 山崎正明氏にお話を伺いました。

クリアフォレスト事業は、エステーグループの日本かおり研究所(株)が国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の支援の元、国立研究開発法人森林研究整備機構森林総合研究所と共同で研究・開発を行い作り出した「機能性樹木抽出成分」を、多方面で活用していく事業です。

「森の空気のきれいさを『香り』を起点に科学的に解き明かし、事業化しようというところからはじまりました」(奥平氏)

事業開発当初は日本のあらゆる森の空気をビニール袋に入れて集め、一番空気のきれいな森を探すという地道な作業からスタート、約2年をかけてついに現在クリアフォレストの原材料である北海道のトドマツにたどり着きました。
トドマツは大気汚染物質の代表的な成分の一つ二酸化窒素の除去能に優れており、その抽出成分を詳細に分析することで空気の浄化に効果的な成分を特定しクリアフォレストの核となる「機能性樹脂抽出成分」を開発しました。

【機能性樹脂抽出成分の効果】
 1. 大気汚染低減
 2. 抗酸化機能
 3. 消臭効果
 4. 森林浴効果


機能性樹脂抽出成分は、精油を中心に、樹木水、針葉粉体の3種類の形状で活用されています。


左から、針葉粉体、樹木水、精油(提供:エステー株式会社)
左から、針葉粉体、樹木水、精油(提供:エステー株式会社)


天然資源の管理及び効率的利用だけでなく付加価値を

この機能性樹脂抽出成分は、天然資源であるトドマツの枝葉から抽出されます。しかしこの枝葉は、林業においては利用価値のないものとして効率的利用されることなく林地に放置されていました。
そこで、エステー株式会社は北海道で山林経営や森林管理を行う株式会社北都と協力し、トドマツの枝葉の回収、成分の抽出の事業を開発しました。
北都では、従来の林地管理作業のフローに枝葉の回収を組み込み、間伐作業時に効率よく回収するというシステムを構築しました。これまでは、利用価値のないものとされた枝葉を、コストをかけて回収することにハードルがありましたが、クリアフォレストの原料として利用価値を高めることにより回収フローの確立を実現しました。このシステムの整備には約1年を要し、とくに「なま」物である枝葉の取り扱いには苦労をしたと言います。

「はじめは『本当に事業になるのか』と半信半疑でしたが、森林整備事業で間伐を行う中で、『それまで利用されてこなかった枝葉に付加価値をつけることで、森にお金が戻ってくるのでは』ということに価値を感じました。もともと北海道の森では大型の林業機械を使ってシステマチックに林業が行われており、作業フローのなかに枝葉の回収をいうプロセスを組み込むことがそこまで難しくなく、大規模な先行投資が必要なかったことも参画を決めた理由です」(山崎氏)


回収されたトドマツの枝葉(提供:エステー株式会社)
回収されたトドマツの枝葉(提供:エステー株式会社)


機能性樹脂抽出液の精製には、通常の水蒸気蒸留ではなく、減圧した環境下でマイクロ波を利用した抽出手法で行われます。安定的に抽出を行えるようになるまでにこの装置の開発も、数年かかったと言います。季節により変わる枝葉の水分量や、樹齢による条件の変化など、天然物を相手にするからこその苦労がありました。

「いまでも日本かおり研究所やエステーの技術フェローと一緒に、日々改良を重ねています」(山崎氏)

「クリアフォレスト事業を通じ、様々な研究や製品開発されており、森のめぐみが今までになかった製品になり活用されることに価値を感じています。日本は国土の約7割が森林で、先進国でもフィンランドに次いで2番目の森林大国です。今、戦後に植えられた木が利用期を迎え、環境保全のためにも利用される必要があります。そのなかで副産物として枝葉が発生します。現在クリアフォレスト事業で使用されている枝葉はまだまだ微々たるものですが、使わなければ林地に放置されるこの材料を、なるべく付加価値をつけて売っていくことで、森にお金を還元していきたいと考えています」(山崎氏)


トドマツの森(提供:エステー株式会社)
トドマツの森(提供:エステー株式会社)


天然資源の有効活用で広がる未来〜他社とのコラボレーションで進める循環型ビジネス

エステー株式会社では、クリアフォレストの原料を自社の製品に活用するだけでなく、「都会の空気を森の空気に変える」というビジョンに向かって活動していけるパートナー「クリアフォレスト・パートナーズ」を募集しています。
クリアフォレスト・パートナーズは、日本かおり研究所がコアとなり、研究開発を促進する「テクニカル・パートナーズ」、機能性樹脂抽出液の製造を行う「マテリアル・パートナーズ」、クリアフォレストを活用した製品を開発、販売する「プロダクト・パートナーズ」で構成されます。
クリアフォレスト・パートナーズは、オープンネットワーク型の開発体制を採用しており、様々な企業や研究機関と研究開発を行うことで、さまざまな研究結果、製品を生み出しています。

「都会のオフィスや病院、介護施設など、森の空気に変えていきたい場所にはジャンルを問わず広く活用していただきたいと考えています。我々のビジョンに共感し、次の世代のビジネスを一緒に作っていけるような企業にパートナーとして参画していただきたいです」(奥平氏)

先述した事例のように、クリアフォレストの原料を活用した製品を共同開発するパートナー企業はもちろん、そこで開発された製品を活用して森の空気を生活に生かしていく取り組みを構想していける企業など、幅広いパートナーの参画を歓迎していると言います。

「人は時々森に行くと健康になると言います。都会のオフィスで働く方々もたくさんいらっしゃるので、クリアフォレストを通じて都会の空気を森の空気に変えていくことで、より健康で働きやすい環境を届けていきたいです。また、健康寿命を延ばすことが社会共通の課題にもなっていますが、そこにも森の空気を生かしていければと考えています」(奥平氏)

天然資源を有効活用し、都会の空気を森の空気に変えるクリアフォレスト事業。
事業やビジョンに共感した方は、クリアフォレスト・パートナーズの一員として新しいビジネスに挑戦してみてはいかがでしょうか。

まとめ

SDGs目標12「つくる責任」「使う責任」とは、持続可能な消費と生産の実現に向けた目標であり、全世界で解決に向け取り組みが行われています。目標達成のためには大量生産・大量消費の直線型経済から循環型経済への転換が求められており、エステー株式会社の天然資源を効率的に利用する「クリアフォレスト」のように、循環型ビジネスを他社とのコラボレーションで実践する事例も登場しています。
SDGsは持続可能な未来を実現するうえで大切な世界共通の目標であり、全ての人にとって無視できない取り組みです。企業、個人、その他パートナーが一丸となり、より良い未来を共に実現していきましょう。


参考情報
・クリアフォレストは、エステー株式会社の登録商標です。



エステー株式会社
「空気のビジネス」のトップランナーとして、消臭芳香剤、防虫剤、脱臭剤、除湿剤、米びつ用防虫剤など、ニッチな市場で高いマーケットシェアを占める独自性の高いブランドを数多く保有する。また、「空気のビジネス」の技術を活用し、環境や社会のサステナビリティの実現に向けた取り組みにも力を入れている。
クリアフォレスト特集ページ お問い合わせ