スポットメッキなのに滲まない!? マスキングテープ方式によるスポットメッキで特許を取得した東和企画に学ぶ、テープ式メッキのメリットと柔軟性

長い帯状の金属へメッキ加工を行うフープメッキ。フープメッキの方式には、必要な箇所にメッキ処理を行うことができる治具方式とテープ方式がありますが、治具方式は初期コストがかなり高額で滲みを考慮した設計が必要で、テープ方式はメッキ処理の都度テープ加工の時間を要すなどのデメリットがあるそうです。今回は、埼玉県川口市にある株式会社東和企画にスポットメッキのもつ可能性や、治具方式とテープ方式の長所を掛け合わせたマスキングテープ方式のスポットメッキの特徴についてお話を伺いました。

株式会社東和企画は埼玉県川口市に本社を持つ、連続フープメッキ材へのマスキングテープ加工(長い帯状の金属へのマスキングメッキ加工)をはじめとした、金属材料への加工を手掛ける企業です。中でも、表面保護・メッキ加工・それに伴うマスキングテープ加工を専業とし、工作機械も自社で設計することで、高い精度を実現しています。
2020年に、従来の治具方式のスポットメッキとは一線を画すテープ方式のスポットメッキで特許を取得した同社。スポットメッキのもつ可能性や、そもそもマスキングテープ方式のメッキの特徴について、代表取締役の佐藤昌弘氏、専務の小林康弘氏、営業部課長の坂本勇一郎氏へお話を伺いました。
メッキの制約により設計に悩んでいる開発者の方、メッキ加工のコストに悩んでいる方はぜひご覧ください。


マスキング専業で、メッキ業者からも頼られる

東和企画は、連続フープメッキ材(長い帯状の金属へのマスキングメッキ加工)へのマスキングテープ加工が専業ですが、そのマスキング技術を生かして材料保護テープの加工も行っています。マスキングはメッキ加工に必須のものなので、マスキング機械はメッキ業者なら必ず持っているものなのですが、自社では対応できない高い技術力が要求されるものについては同社へ相談されることが多いそうです。同社も、メッキ加工については協力工場と連携しながら対応しています。

加工した材料は主に車載部品に使われることが多いですが、例えばスマートフォンの充電コネクタ端子など民生品もあり、利用用途は電子機器全般と言えます。


代表取締役 佐藤昌弘氏(左)、専務 小林康弘氏(中央)、営業部課長 坂本勇一郎氏(右)(提供:東和企画)
代表取締役 佐藤昌弘氏(左)、専務 小林康弘氏(中央)、営業部課長 坂本勇一郎氏(右)(提供:東和企画)


治具方式(スポット)? テープ方式(ストライプ・スポット)? 従来のメッキ方式について

フープメッキの方式として、金属全面にメッキを行うほか、部分的なメッキ加工の方法としては治具方式とテープ方式があります。

メッキ方式(提供:東和企画)
メッキ方式(提供:東和企画)


治具方式(スポット)

メッキを施したい部分に合わせて型(治具)をつくり、治具に合わせてメッキ処理を行う方式です。メリットは必要な部分にのみスポットでメッキを施すことができるため、メッキの原材料の使用量を抑えることが可能であり、一度治具ができてしまえば以降のメッキ処理には時間を要さないこと。
デメリットとしては、治具を制作する初期コストがかなり高額であること、専用ラインが必要なこと、また、どうしても滲んでしまうため、滲みを考慮した設計が必要となります。

テープ方式(ストライプ・スポット)

メッキが不要な部分にマスキングテープを貼る事で、必要な箇所にのみメッキ処理を行う方式です。メリットとしては、ストライプ方式では初期コストはかからないこと、また、スポット方式では治具方式と比べて初期コストが少なくて済み、滲みもあまりないことがあげられ、同一線上への交互メッキが可能など設計の幅が広がることが期待できます。
しかしデメリットとしてメッキ処理の都度テープ加工の時間を要してしまうことがあげられます。

東和企画のテープ加工技術の強み

一般的にテープ加工だとメッキの公差は0.5ミリ~1ミリ程度が標準ですが、同社は0.2ミリ以内に収めることができます。そのため、高い精度を求められる加工については、メッキ加工業者から同社へ相談を寄せられることも多いそうです。
公差を極小化できている理由は、加工のための機械を自社で設計することができるため。同社は社長が長い現場経験を経て立ち上げており、社員16名のうち8名が製造・開発部門、さらにうち4名は勤続10年以上のベテランです。案件に合わせて、「高い精度を実現するためにどうしたらよいか?」を現場の工員と社長が一緒になって、必要に応じて機械の設計から協議できることが強みです。

製造現場の様子(提供:東和企画)
製造現場の様子(提供:東和企画)


治具方式とテープ方式の長所を掛け合わせた特許「マスキングテープ方式のスポットメッキ」

テープストライプ方式(上)、テープスポット方式(下)によるメッキ完成品(提供:東和企画)
テープストライプ方式(上)、テープスポット方式(下)によるメッキ完成品(提供:東和企画)


2020年度特許を取得した「マスキングテープ方式のスポットメッキ(特許6808204号)」は、治具ではなくテープを使ってスポットメッキを実現する技術です。テープにメッキの形に合わせて穴をあけ、穴を変形させることなく貼り付け、メッキを施すという仕様で、昭和電工マテリアルズ株式会社と協働開発しました。

メリット1:滲まない

従来の治具方式のスポットメッキでは、必要な位置に対し1~2ミリ程度の滲みは不可避とされており、設計や原材料コストも滲みありきで考えておく必要がありましたが、マスキングテープ方式のスポットメッキでは、くっきりとした仕上がりが見込めます。

メリット2:形状・素材の自由度が高い

従来の治具方式のメッキでは丸や四角などシンプルな形状しか対応できませんでしたが、マスキングテープ方式のスポットメッキでは、テープそのものに加工を施すため様々な形状への対応が可能です。また、異種仕様のスポットメッキを組み合わせる事ができるので、従来のテープ方式では不可能だった金メッキの同一ライン上に銀や錫メッキを施すことが可能です。

様々な形状のメッキ加工が可能(提供:東和企画)
様々な形状のメッキ加工が可能(提供:東和企画)


メリット3:治具不要で初期コストが安価

テープ加工の費用は、治具制作の相場の1/4~1/6程度となります。

同社はテープ方式のメッキを専門としていたため、治具方式のメッキが出たころから、「テープでもスポットメッキができないか?」と構想し続け、テープへのレーザー切削加工なども試しましたが、上手くいきませんでした。
ヒントとなったのは、農業用のシート。屋内で水耕栽培を行う際に、光を当てないための黒いシートで、芽をだすために小さい穴があいているシートを見る機会があり、「このようにシートに小さい穴が空けられるなら、テープにも応用できるのではないか?」と思いつきました。そこから開発が始まり、2年ほど経て今回の特許取得に至りました。

「マスキング方式のスポットマスクについては、既に多方面から問合せが来ており、皆さん驚いていらっしゃいます。これまで見積もりした中で大きなものだと、車載部品で金の使用量を50%減らせたケースがありました。金や銀を利用する場合には、テープ加工のコストを踏まえても、確実にコストダウンが見込めると思います」と坂本氏。
試作の段階では納期を優先されることも多いため、最初はスピード重視でテープ方式(ストライプ)で試作しつつ、ゆくゆくテープ方式(スポット)に切り替え、といった対応も可能です。常にストライプ方式、スポット方式2種のお見積りを提示し、比較・選択できるようにしているそうです。


開発者に寄り添ったモノづくりのサポートを

マスキングテープ方式のスポットマスクも、コストカットが見込めるのはもちろん、設計の柔軟性がぐんと高まることも大きな魅力です。「今以上の技術力の向上をモットーとさせていただきつつ、お客様から直接お伺いした課題を解決することを目指していきたいです。開発者の方とも直接お話していけたらと思っています。」
同社はこれからも、何事にも「どうしたらできるのか?」という頭の柔らかさで、モノづくりをサポートしていきます。


株式会社 東和企画
東和企画は埼玉県川口市に本社を持つ、連続フープメッキ材へのマスキングテープ加工(長い帯状の金属へのマスキングメッキ加工)をはじめとした、金属材料への加工を手掛ける企業。2020年に、従来の治具方式のメッキとテープ方式のメッキを掛け合わせた、スポットメッキで特許を取得。
株式会社 東和企画 お問い合わせ