老舗鋳造用模型製作メーカーが他社と差別化できるわけ

INTERVIEW

高知機型工業株式会社
取締役専務
北 雅之

一般に、鋳造に欠かせない「型」は、鋳造会社が手配します。鋳造型製作専門メーカーである彼らは、鋳造会社や製品メーカーからの製品図を基に鋳造型を製作し、発注元に納めるのが仕事です。その鋳造型製作メーカーで、全国から発注が相次ぐ会社が四国にあります。高知県にある高知機型工業です。創業は1946年という老舗企業。その老舗鋳造型製作会社がなぜ全国から注目されるのでしょうか。実は、しっかりと裏付けられた理由(わけ)があったのです。

戦艦「大和」の木型師が興した会社

戦艦「大和」に使用された鋳鋼品の木型師、北稔(きた・みのる)氏は、当時、最先端技術が集まる広島で、造船における木型部門の技術を学び、1946年北木型を創業。 木型製造技術を多くの弟子に伝授しました。

1965年、高知機型工業株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。会社設立時は木型部門と樹脂部門のみでしたが、74年にはシェルモールド部門を、翌75年には金型部門を設立し、現在は各種模型製造及び素形材調達事業を行っています。 メインの顧客は四国・中国・近畿・中部と西日本が中心ですが、現在では北海道などにも広がっています。

創業者の北稔氏が戦艦「大和」の製造に関わっていたこともあり、いまでも同社では造船用木型を作っています。造船用の木型は、大型のものが多く、簡単にどこででも製作できるものではありません。 

同社は2005年には中国・大連市に大連事務所を開設します。当初大連事務所では鋳鋼素材の調達を行っていましたが、現在では現地の協力工場で機械加工した砂型鋳造品、セミロストワックス鋳鋼品、ステンレスロストワックス鋳鋼品やチタン鋳造品等も調達しています。専務の北雅之(きた・まさゆき)氏は、大連事務所開設前に大連理工大学に留学した経験が今の仕事に活きていると言います。


高知機型工業株式会社 取締役専務 北雅之氏
高知機型工業株式会社 取締役専務 北雅之氏


業界ではいち早く大型光造形機(3Dプリンター)を導入

高知機型工業の現社長は雅之氏の父、北政憲(きた・まさのり)氏。
「社長はいち早くコンピューター・システムをものづくりの現場に導入してきました。また、新しいものが好きで、紙積層造型機(RP)を導入し積層造型と融合したものづくりを展開します。大型光造形機が販売された当時、アメリカ・デトロイトまで行って、あの当時、数千万もするような大型光造形機を買ってきたのです」

その3年後、同社は光造形製造を応用したDQC(デジタル・クイック・キャスト)と呼ばれる、デジタルデータから型を使わずに直接鋳造品を製作する技術を開発します。この技術は短期間で量産品と同じ材質での鋳造品を製造できるため、開発・試作現場で高く評価されていると言います。


克服できない鋳造の課題

北専務によると鋳造品にはいまだ解決すべき課題が数多くあるそうです。

「鋳造品の製造は常に欠陥リスクとの闘いになります。形状起因で鋳造品に割れや亀裂が生じたり、ひけ巣が発生したりする場合があります。とくにひけ巣は外から見えないので、後々重大な事故につながることもあります」(北雅之専務、以下同)

現在でも世界中で造られる鋳造品の中には、欠陥リスクを抱えたままの製品が出回っているそうです。鋳造品が起因となる事故は、少なくないとのこと。すぐに壊れなくとも長い間使用していることで鋳造品の弱いところへ応力が集中し、最後には破損してしまいます。その原因は、当然そもそもの設計や鋳造方案にあるのですが、そのリスクに気付かないまま型を製造することも問題だと言います。


経験と知恵でお客様に付加価値を提供

型製作メーカーはクライアントから発注された型を製作することが仕事です。しかし、言われたままに製作することが「仕事」なのでしょうか。同社はそれだけではないと言います。

「当社は、クライアントから設計図や3Dデータをいただいて相談を受けたとき、その設計図どおりに製作した場合、鋳造品の製造リスクがあるか? その製造プロセスにあった形状なのか?必要とする機能を満足し、その目的の製造プロセスで製造しやすい形状なのかを確認します。

そのうえで、このまま型を製作するとリスクが生じる場合、それをクライアントに指摘して、設計の改善を提案します。技術者は設計図を見ただけでリスクがわかると言います。彼らは量産するときのことまで考えて、そのまま型を製作するのでは後々不具合が生じることを指摘し、最適な設計と型製作を提案するのです」

同社の言う「最適化」とは、量産時の歩留まりを改善したり、最初から内部欠陥が起きにくい形状にしたりすること以外に、機能に応じて最適化された形状を提案することだそうです。そうすれば結果的にコストも削減できます。しかし、どうしてそのように最適化された形状を提案できるのでしょうか?

「現在では、鋳造解析ソフト等によって、この形状で製作すると内部欠陥が生じる可能性があるということはわかります。それはどこの会社でも同じです。しかし改善案、つまりどうやればリスク除去や軽減が可能かの型設計まで考慮した形状提案はしてくれないのです。

当社ではいままでの長い歴史のなかでクライアントとのキャッチボール、つまり顧客とのコミュニケーションを繰り返してきた技術者たちがいます。彼らは失敗も数多く積み重ねています。そんな彼らは『こんなときはこうすればリスクを除去できる』という暗黙知をもっています。

ゆえに、最適化された形状をクライアントに提案できるのです。そして、さらなる付加価値をお客様に提供するため、この作業は日常的に行われています。日々ノウハウが蓄積され、だからこそ私たちが、お客様と綿密に最適な形状打ち合わせを行い製作した鋳造品は、製造時の形状起因や型起因の不具合が最小になるのです。ひいては全体的なコストの削減にもつながっていきます」

 

同社が造る最適化された鋳造型
同社が造る最適化された鋳造型


ワークライフバランスを考慮した職場づくり

同社の工場では少なからず女性が働いているのが目に付きます。それは「働き方改革」を積極的に推進していることとも関係がありそうです。

「当社では『高知県ワークライフバランス推進企業認証』を取得し、だれもが働きやすい職場を目指しています。その結果として管理職の約4割が女性となっており活躍しています」


クリーンエネルギーで製造される模型

同社は本年度、自家消費型太陽光パネルと大型蓄電池を設置し、地域の防災・減災と低炭素化を同時に実現したと言います。

「通常時はクリーンエネルギーで製造し、災害時は地域の皆様や社員ご家族の避難所としても機能する工場として機能しております。またSDGs(Sustainable Development Goals、持続可能な開発目標)17の目標すべてに取り組んでいます」

北専務のお話を聞く限り、これらの取り組みはいきなり取り入れられたものではなさそうです。

「仕事はやはり能動的にやるものです。やらされるのではなく自分からやる。ものづくりを楽しむ。会社はそのための環境を整える責任があります。当社の技術者がただ受動的に働いていたのでは、いくら歴史を重ねても技術は蓄積されなかったでしょうし、一人ひとりがもつ技術力は育たなかったと思います」

同社の課題は蓄積されたノウハウを若い技術者につなぐことだそうです。その課題に対しても、熟練技術者が若い技術者に付きっきりでその考え方、感覚を教えていっているそう。暗黙知をコンピューターに落とし込むことはなかなか難しいそうです。



自らが考えて提案していく。社員たちがそうできる環境を整備していくことが会社の力、会社全体の力の源泉になる。そのことが積極的な「働き方改革」への取り組みにつながっているようです。そして、その環境が、同社がほこる、クライアントへの「最適化」を提案できる力を生んでいるのでしょう。それは同社の長い歴史のなかで育まれた精神であり、創業者が遺してくれたものにほかなりません。


高知機型工業株式会社
設立1965年、高知県香南市に本社をおく各種模型製造及び素形材調達事業を行う。自動車、建機、農機、造船をはじめとしたあらゆる産業分野に向けた事業を展開、2005年には中国大連市にも事務所を開設した。
高知機型工業株式会社 お問い合わせ