株式会社アドバンスト・キー・テクノロジー(AKT)研究所

株式会社アドバンスト・キー・テクノロジー(AKT)研究所、単結晶製造プロセス中の挙動観測

アドバンスト・キー・テクノロジー研究所は、「材料の基礎と応用である単結晶。 先進的な基礎技術からものづくりを基盤から支えるため、要となる単結晶の製造技術をより高度にするために邁進し続ける」というミッションに、溶け込みによる不純物の混入の恐れがある「るつぼ」を使用しない高純度結晶作成方法を生み出しました。
 

AKT概要

 

株式会社アドバンスト・キー・テクノロジー研究所(AKT)の強みは?

AKT-lab.の結晶製造技術

AKT-lab.の特許取得の結晶製造システムは、単結晶材料を高純度でスピーディーに合成するのに
最適な技術です。 例えば、これから訪れると言われているIoTの世界、そこでは多種多用な高機能材料が、個別に対応できるのが当然のように要求されます。 このIoT時代のニーズにマッチした小ロット多品種の材料を開発と製造を、AKT-lab.の結晶製造システムが実現します。

近年特に注目を集めるパワー半導体分野でも、性能の大幅な向上に向けた材料の革新が求められています。AKT-lab.の誇る不純物を極力減らす「無るつぼ結晶製造法」では、次世代・次々世代の酸化ガリウムパワー半導体の研究開発の加速にも寄与できるはずです。

 

オリジナル技術「AKT-アドバンスト・フローティングゾーン法」

AKT-アドバンスト・ペデスタル法はAKT-lab.の特許技術です。 AKT-アドバンスト・フローティングゾーン法結晶製造装置AKT-AFZ/2000は、例えば、新世代LED用基板やパワー半導体デバイス用途として活用することが可能です。
 

株式会社アドバンスト・キー・テクノロジー(AKT)研究所
酸化ガリウムのバルク単結晶。酸素を含まない雰囲気中で製造するのは極めて難しい材料特性をもっている。(提供:株式会社アドバンスト・キー・テクノロジー(AKT)研究所)

 

単結晶の試作は、白金やイリジウムなどの高価な金属の坩堝が必要でコストが高くつくほか、試作に時間がかかる、試作には匠の技が必要などのハードルが高いと思われますが、AKT-lab.の技術でそのハードルを下げる一つの方法になると思います。
 
 

 
 
←「マテリアルズ・インフォマティクス(MI)など材料開発が注目を集める理由〜独自技術で存在を示すベンチャー企業たち(1)」に戻る